全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

駒ケ根市東中と台湾の岡山国民中 友好交流校協定を締結

調印した友好交流校協定書を披露する駒ケ根市立東中の宮澤賢司校長(右)と台湾・高雄市立岡山国民中の盧彦勳(ルー・イェンスン)教頭

 駒ケ根市東中学校と台湾・高雄市の岡山国民中学校は25日、友好交流校の提携協定を結んだ。東中で調印式を行い、台湾から生徒や教職員ら16人が訪問。東中の宮澤賢司校長と岡山国民中の盧彦勳(ルー・イェンスン)教頭が協定書を取り交わした。今後、相互の学校訪問などの交流を実施し、友好を深める。

 県観光機構によると、中学校同士による協定は2015年に茅野市の4校がそれぞれ高雄市の中学校と締結して以来、県内では5例目。

 12年に県と高雄市が観光・教育交流に関する覚書を締結したのを機に、両校は昨年3月に東中で交流。その後、岡山国民中側の要望を受け、関係機関で提携協定の検討を重ねてきた。  両校は、互いや日本、台湾の理解や親善の発展を目的に、相互訪問やインターネットを使った交流などを進めていく。

 調印式で盧教頭は「もし東中の皆さんがわが校を訪れてくれれば、最大の光栄です」と今後の交流に期待。宮澤校長は中国語で自己紹介し、「高雄市を東中生徒の第2のふるさとにしたい」と応じた。

 調印式後には、岡山国民中の生徒11人が授業に参加したり、東中の生徒たちと給食を味わうなどして交流。見送りの際には、東中生徒会役員が市のPRキャラクターこまかっぱが描かれたトートバッグをプレゼントし、再会を誓い合った。

関連記事

長野日報社

ツリーハウスをクラウドファンディングで 飯島中1年1組が挑戦

 長野県の飯島町飯島中学校1年1組の27人が、インターネットで幅広く支援を募る「クラウドファンディング(CF)」を活用して、町図書館の隣接地に幼い子どもたちが集うツリーハウスを建設しようと取り...

新城市役所に「しんしろギャラリーカフェ」

市の名前由来になった「城」の模型展示  新城市役所本庁舎1階に21日、市の名前の由来になったとされる「新城城(しんしろじょう)」の復元模型の展示と関連する和菓子の販売をする「しんしろギャラリーカフェ...

荘内日報社

鶴岡市加茂地区で戦後から親しまれた 「うさぎやのコロッケ」復活へ

 鶴岡市加茂地区で戦後から60年ほどの間親しまれた「うさぎやのコロッケ」を地域の特産として復活させようと、地元住民らが活動している。20日、加茂コミュニティセンターで試作・試食会があり、素朴なジャガイ...

宇部日報社

レノファ山口が新体制を発表

 サッカーJ2レノファ山口FCの新体制発表会が20日、宇部市の記念会館で開かれた。2019シーズンのスローガン「ORANGE SOUL―山口を魂で染め上げろ」が発表されたほか、新加入選手10人があ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク