全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

心に響く木やり継承へ決意 諏訪市木遣保存会50周年記念式典 長野県

50周年記念式典で来賓と一緒に木やりを響かせる諏訪市木遣保存会メンバー

長野県の諏訪市木遣(きやり)保存会(竹森笑子会長)は9日、発足50周年記念式典を同市のRAKO華乃井ホテルで開いた。会員と来賓合わせて70人が出席。歩みを振り返りながら節目を祝い、高らかに声を響かせて木やりの保存継承や後継者育成への決意を新たにした。16日には記念事業として木やりを受け継ぐ県内の保存会、団体が会する「木遣りの集い」を市文化センターで開く。

1974年に上諏訪地区木遣保存会として発足し、76年に名称変更した。諏訪大社上社、下社の御柱を担当する地区が一つになって活動する諏訪地方唯一の保存会。現在は10~80代の39人が加入し、木やりの普及と後継者育成のための教室も開いている。

竹森会長は関係者の理解と協力に感謝し、「先人の努力と堅実な歩みにより、50年という節目を迎えることができた」とあいさつ。「歩みを止めることなく100年、200年先に向かって木やりの保存継承、後継者の発掘と育成に取り組む。一人ひとりの技量向上に努め、心に響く木やりを目指して精進していきたい」と決意を述べた。

諏訪大社の北島和孝宮司や諏訪市の金子ゆかり市長らが祝辞を寄せ、たる酒の鏡開きで節目を祝福。諏訪地方の他の保存会役員らも法被姿で祝福に駆け付け、会場は華やかな雰囲気に包まれた。98年の長野冬季五輪開会式で披露した木やりや、「木やり日本一コンクール」などの様子も紹介された。

16日の「木遣りの集い~唄で繋がるおんばしら~」は午後1時開演。県内8地区の保存会・団体が集い、それぞれ奉仕する神社に伝わる木やりを披露する。入場無料。同会は記念事業で記念誌とCDの制作も進めている。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク