全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

新たに有料桟敷席を設ける諏訪湖間欠泉センターの北側エリア

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発表した。諏訪湖イベントひろばには当日、露店が集まるフードコートを開設。祭りの雰囲気や飲食を楽しみながら花火を見物できるテーブルいす席を販売する。実行委はこの日、プログラムの充実や追加も検討していると明らかにした。

桟敷席の新設は、民間からの提案を受けて検討を重ねてきた。実行委事務局の市観光課によると、間欠泉センター前の「旅館組合団体席」の北隣から、諏訪警察署方面をエリアとする予定。マス席を4000円、いす席を2000円で販売する。

イベントひろばには昨年初めてフードコートを設け、従来は湖岸線にあった露店を集約した。湖岸線の人の流れを円滑にする効果が見られた一方で、道沿いの露店がなくなり「祭りの雰囲気がない」との声もあったため新設を決めたという。テーブルいす席を6000円で販売。チケットの一般販売は6月24日から開始するが、新設2カ所は7月17日から始める。

22セットを予定している大会プログラムの充実・追加について、事務局は「既存、新規のスポンサーの協力もあって検討している」と説明。魅力向上に向け、競技花火をより楽しめる尺玉のレクチャー花火、余韻を感じられる演出も検討中とした。実行委会長の金子ゆかり市長は「フードコートをはじめ、さまざまな変革を試みている。常に進化していく諏訪湖の花火大会にしていきたい」と話した。

関連記事

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク