全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は「熟成が浅く、若いチーズなのでミルク感をより味わえる」とPRしている。

「ツナグ」を手にする大友代表(右)と寺尾代表

 大友牧場では、現在140頭のホルスタイン牛を飼育し、JAを通じて生乳を出荷している。2020年に「酪農教育ファーム」の認可を取得。乳牛に触れてもらい、酪農業を知ってもらうことで食の大切さを伝えている。年間約100人が参加しているという。

 参加者から「大友牧場の牛乳を飲ませてほしい」という声が寄せられるものの、法律上、生乳を飲ませることができない。大友代表(33)は「なんとかしてお客さんにうちで搾った生乳を味わってほしい」とチーズづくりを寺尾代表(47)に依頼した。

 完成した「ツナグ」(100グラム・880円)は、ハードタイプのナチュラルチーズ。現在は6カ月熟成したものを販売しており、今後、8~12カ月熟成のものも商品化していく予定。「牧場とお客さま、周囲の人々とのつながりを大切に」という思いを込めており、パッケージデザインは町内の広告会社ブルーパイン(青砥美穂子代表)が手掛けた。

 大友代表は「チーズをきっかけに、一度でいいので牧場を訪れ、酪農の魅力を感じてもらえたら」と呼び掛けている。

 ツナグは同牧場で販売するほか、当面は町内のイベントなどでの販売を検討している。

関連記事

釧路新聞社

初夏の屋外で食楽しむ きょうまでキッチンカー催事

 釧路市役所防災庁舎前広場できょうまで、釧路市と釧路町に拠点を置くキッチンカーが集まる「くしろキッチンカーEXPO」(北海道キッチンカー協会主催)が開かれている。初日となった夏至の21日は、市民や...

長野日報社

栽培甘栗使って商品開発 初崎製作所と赤穂高生 長野県

 精密機器製造の初崎製作所(長野県宮田村大田切、初崎哲也社長)と赤穂高校(駒ケ根市)商業科の3年生は、同社が栽培する甘栗を原料にしたドリンクとパンの商品開発に取り組んでいる。共同での商品開発は...

マンゴー、パイン全国へ 夏の味覚シーズン到来 宮古郵便局でゆうパック出荷式

宮古郵便局(保久村昌治局長)で19日、「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が行われた。職員や生産農家、航空関係、市の関係者らが参加し、夏の味覚の本格的な出荷シーズンの到来を喜んだ。出荷式は...

長野日報社

「赤いルバーブ」全国の百貨店へ 長野県富士見町特産、出荷始まる

 長野県富士見町ルバーブ生産組合の農家が栽培する町特産野菜「赤いルバーブ」の出荷が始まっている。同町富士見区内にある集出荷施設では、町内各地から集まった赤いルバーブの袋詰めに組合独自のステッカ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク