全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「自信持って夢語って」埴生中にレノファの河野主将【山陽小野田】

] サッカーJ2レノファ山口の「夢の教室」が4日、埴生中(東原秀一校長)であり、主将の河野孝汰選手(20)が2年生26人を前に「夢を口に出し、それを達成するには何をしたらいいかを考え行動するのが大事」とアドバイスした。

 子どもたちが夢を持つことを応援しようと、2021年度から3年間をかけて県内19市町の小学校で開催。今年度から新たに中学校で開くことになり、練習拠点のある山陽小野田市を皮切りにスタートした。

 夢の教室のビブスをつけた生徒たちは、最初にグラウンドで河野選手とサッカーの練習。遊びの要素を取り入れたウオーミングアップから始まり、最後はミニゲームを楽しんだ。

 プロ選手の蹴ったボールの迫力を体験するコーナーでは、5人の生徒がキーパーを務めたが一歩も動けずにゴール隅にシュートを決められ脱帽。飛び入りで先生が見事にシュートを止めると歓声が上がった。

 教室に戻っての夢の教室では、河野選手がプロになるまでの体験談を話した。「夢を実現するには、まず夢を口に出したり紙に書いたりすることが大事。達成するために今、そして次の段階で何をするべきかがはっきりするし、周囲も応援してくれる。自信を持って夢を語って」と伝えた。

 自身は16歳の時にプロになる夢を持ったという高校3年の時に左アキレス腱(けん)を断裂する挫折を味わったが「神様は乗り越えられない試練は与えないという言葉を信じて克服した。両親からは夢は逃げていかないよと励まされた」と振り返った。

 次は日本代表に選ばれてワールドカップに出場する、世界で活躍する選手になるという新しい目標を生徒たちに紹介した。

 松島由奈さんは「自分も壁にぶつかることがあるが、頑張って乗り越える勇気をもらった」。10歳からサッカーを始め、現在はクラブチームに所属している堂本陸斗君は「好きなサッカーのプロ選手を目指す夢が膨らんだ」と感想を話した。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク