全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

マンモスの歯の化石発見 野付半島沖【別海】

 【別海】野付半島ネイチャーセンター付近の外海で、マンモスゾウの歯の化石が見つかり4日、報道陣向けに公開された。操業中の漁師が発見した。野付半島沖で見つかるのは2003年以来4個目、全国では15個目。町郷土資料館で5日から一般向けに公開される。

 マンモスは長い毛の生えたゾウの仲間で体長約3㍍。約4000年前まで生息し、植物や木を食べていたとされる。北海道へはサハリンから移動してきたとみられ、北海道は生息地の南限の一つとされている。

 化石が見つかったのは半島から約1㌔沖、水深約20㍍の地点。臼歯の一部で、食べ物をすりつぶす面は縦6・8㌢、横12㌢だった。

 4月26日、ホタテ漁をしていた安達隼人さん(42)が、網の中に化石のような物を発見。撮影し画像検索をしたところ、マンモスの化石が該当したため、野付小学校を通じて郷土資料館に持ち込まれた。5月17日に滋賀県立琵琶湖博物館の高橋啓一名誉館長に正式な鑑定を依頼し、「マンモスゾウ右上顎第1大臼歯」と分かった。今後、年代を計測し、郷土資料館などと協力して論文の執筆を行う。

 高橋氏は今回の発見の意義について、①日本では脊椎動物の化石の発見が少ないなか、新たな化石が発見されたこと②北海道はマンモス分布の南限の一つ。どのような経緯で南に移動してきたのかを知るために重要になると説明。同時に、野付半島沖で見つかった化石はいずれも似た深さから見つかっていることから、「マンモスゾウの化石が埋められている地層があることが確かめられた」と語った。

 郷土資料館の石渡一人学芸員は「学芸員だけでこのような発見は難しく、住民の方の協力に頼らざるをえない。奇跡的な発見に感謝したい」と話した。

新たに野付半島沖で見つかったマンモスゾウの歯の化石

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク