全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サケ・マス漁代替 曳き網 年ぶり再開【根室】

 【根室】ロシアの排他的経済水域(EEZ)内で禁じられたサケ・マス流し網漁の代替として、日本漁船が行う試験操業(曳(ひ)き網)が2021年以来、3年ぶりに再開される。ロシアのウクライナ侵攻の影響で中断を強いられていたが、操業条件などを決める日ロ政府間協議が妥結。地元関係者は試験操業の再開を喜ぶとともに、今後の本格操業にも期待を込めている。

 ロシアのウクライナ侵攻による中断前の21年に比べ、漁獲割当量はベニザケ、シロザケが減少する一方、カラフトマスが増加し、入漁料は約2・8%増。ベニザケ10㌧(21年15㌧)、シロザケ20㌧(同24㌧)、カラフトマス90㌧(同81㌧)、ギンザケ3㌧(同)、マスノスケ2㌧(同)。入漁料は2500万円(同2432万5000円)、操業期間は6月1日~7月31日までの期間のうち、36日間(同)。

 同漁は同水域での流し網漁禁止の代替漁法として、16年に水産庁の委託を受けた調査船が出漁、ベニザケ312㌔など合計4・4㌧を水揚げ。17年からは海洋水産システム協会(東京)と水産研究・教育機構(横浜)の共同企業体から委託を受けた富山県船籍の中型船「第68善龍丸」(199㌧)が着業し、ベニザケ782㌔を含む12・8㌧を水揚げした。

 漁具の改良、漁場や操業時期を変えるなど試行錯誤して操業を続け、18年は全体で47・7㌧(ベニザケ3㌧)、19年は27・6㌧(同2・7㌧)、20年は27・6㌧(同2㌧)、21年はベニザケ3㌧を含め過去最高の88・2㌧を水揚げしたが、ウクライナ侵攻の影響で22、23年の2年間中断していた。

 操業を行う善龍丸は、今週中にも宮城県気仙沼港から花咲港に回航する予定。出漁時にはロシア側のオブザーバーも以前と同様に乗船する。

 石垣雅敏根室市長は「伝統ある『北洋サケ・マス操業』の権益および試験操業の機会が確保されたことにただただ安(あん)堵(ど)しております。今回の試験操業がロシア水域でのサケ・マス漁業の実用化に結び付き、操業再開へ向けた礎となることを強く望んでいます」とコメントした。

中断前最後の出漁となった2021年の第68善龍丸

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク