全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

養殖モズク、地域の特産品に 個人で引き継ぎ再起、宇検村

浜売りに向けて収穫したばかりのモズクを手作業で洗う住民ら=1日、鹿児島県宇検村平田

 鹿児島県宇検村平田(へだ)で1日、養殖モズクの浜売りが始まった。村内のモズク養殖は2020年に有志団体によって約20年ぶりの復活を果たしたものの、数年で解散。「このまま終わらせたくない」と立ち上げメンバーの一人だった前田尚登さん(68)が昨年引き継ぎ、再スタートを切った。前田代表は「きれいな海で育った質の高いモズクを地域の味として定着させたい」と話した。

 宇検村では2000年ごろにモズク養殖業者が撤退。地域活性化を目指す同村平田・阿室・須古の住民有志が「やけうち水産」を立ち上げてモズク養殖の復興を図ったが、新型コロナウイルスの影響で運営が難しくなり活動を停止していた。

 前田代表は23年夏に個人で事業を引き受け、秋には同村崎原地区の沖合2カ所で幅1・8メートル、長さ20メートルの網70枚に種付けした。今年5月31日から水揚げが始まり、約5トンの収穫を見込む。浜売りの人手も合わせて6月2日までの3日間で、住民ら延べ85人を雇用するという。妻のあき代さん(63)は「宇検産のモズクを待ちわびてくれていた人たちに喜んでもらいたい」と話した。

「上質なモズクができた」と胸を張るやけうち水産の前田尚登代表=1日、鹿児島県宇検村平田

 1日は平田漁港にテントが立ち、収穫したばかりのモズクがキロ800円で販売された。午前9時の販売開始とともに村内外から多くの人が訪れ、初夏の味覚を次々と購入していた。同村湯湾の惠麻美さん(39)は「乾燥品とは味が全然違う。酢の物や天ぷらでもおいしいが、そのまま食べるのが一番」と笑顔。奄美市名瀬から駆け付けた70代の男性は「県本土の友人に送る分も合わせて7キロ購入した」と話していた。

 浜売りや予約販売のほか、海水で洗った後に冷凍したものを同村湯湾の観光交流施設「ケンムンの館」でも販売する。前田代表は「量より質を重視して今後も長く事業を続けていきたい。自信を持って売れる商品。ぜひ食べて味を確かめてほしい」と誇らしげに語った。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク