全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

初夏の味覚、奄美プラム出発 共販目標9・8トン 奄美大島の大和村

テープカットで出荷開始を祝った出発式=5月31日、鹿児島県大和村

 鹿児島県奄美大島の初夏の味覚、奄美プラム(スモモ)の2024年産出発式が5月31日、同島の大和村であった。24年産の共販目標は前期実績比16・9トン減の9・8トン(大和村8・1トン、奄美市名瀬0・3トン、龍郷町1・4トン)に設定。出席した生産者や行政、JAの担当者は、テープカットで収穫シーズンの到来を祝った。出荷は6月10日ごろまで続く見込み。

 奄美プラム主産地の大和村は市場出荷分も含め、24年産の総生産量は約30トン。村やJAによると、今期は2月の開花は平年並みだったものの、同月の高温、3月の冷え込みや曇天による生理落果、前期の着果過多による樹勢の衰えなどで着果量が減少した。玉肥大はL、2Lが中心という。

共販出荷する奄美プラムの箱詰め作業を行う作業員

 出発式はJAあまみ湯湾釜選果場であり、2年ぶりに開催。JAあまみの窪田博州代表理事組合長はあいさつで、「奄美プラムのブランド力向上には一定の出荷量が必要。おいしい状態で出荷できるよう適期収穫を」と生産者へ呼び掛けた。

 伊集院幼大和村長は「行政として苗木や肥料の助成など農家を支援している。いい果実を大量に作り、選果場から消費者へ届けよう」と生産者を激励。村果樹振興会の藤村秀久会長は「摘果を徹底し、さらなる大玉化を推進していく。魅力ある奄美プラムを次世代に継承できるよう、栽培を持続していく」と決意表明した。

 湯湾釜選果場では5月21日から奄美プラムの集選果が始まり、30日までに6トンを集果、5・5トンを出荷した。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク