全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田港メガソーラーパーク完成

完成した酒田港メガソーラーパーク=写真提供・JRE

 酒田港メガソーラーパーク合同会社が、酒田市宮海で建設していた太陽光発電所「酒田港メガソーラーパーク」が完成し18日、現地で竣工(しゅんこう)式が行われた。既設のものを含む設備容量2万8531キロワット(28・531メガワット)は県内最大規模で、全発電量を固定価格買取制度で東北電力に売電していく。

 合同会社はジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京都、竹内一弘社長)と酒田港リサイクル産業センター(SRC、酒田市、林浩一郎社長)が共同出資した合弁事業体。SRCが2013年9月から宮海の住軽アルミウム工業跡地(新日鐵住金所有)で運営している太陽光発電所(設備容量約1・2メガワット)を南側に拡充する形で、昨年2月に着工していた。

 敷地面積は東京ドーム約9個分の41万8000平方メートル(うちSRCの既存部分は約1万7000平方メートル)、太陽光発電パネル枚数は16万3680枚(同7520枚)、年間発電量3027万キロワット時は一般世帯約8400世帯分(酒田市の総世帯数の約20%)に相当、年間1万6497トンの二酸化炭素排出削減効果があるという。今年2月1日から稼働、売電している。

 JREは全国で風力、太陽光を中心に再生可能エネルギー事業を展開し、酒田港では旧サミットウインドパワー社が通称・水路周辺に設置した風力発電(出力2000キロワット8基)を取得しており、同社の太陽光発電所は33カ所目となる。

 竣工式には関連企業や県、酒田市、地権者ら約60人が出席。神事で順調な稼働を願った後、SRCの林社長は「リサイクル関連事業を通じ地域の発展に寄与する初心を忘れずに頑張る」、JREの竹内社長は「酒田港は既存の火力のほか、風力、バイオマス、太陽光の再生可能エネルギーが集約され、新たなエネルギー産業のランドマークになる。誠心誠意運営し、地域の発展に寄与したい」とあいさつした。

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク