全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田港メガソーラーパーク完成

完成した酒田港メガソーラーパーク=写真提供・JRE

 酒田港メガソーラーパーク合同会社が、酒田市宮海で建設していた太陽光発電所「酒田港メガソーラーパーク」が完成し18日、現地で竣工(しゅんこう)式が行われた。既設のものを含む設備容量2万8531キロワット(28・531メガワット)は県内最大規模で、全発電量を固定価格買取制度で東北電力に売電していく。

 合同会社はジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京都、竹内一弘社長)と酒田港リサイクル産業センター(SRC、酒田市、林浩一郎社長)が共同出資した合弁事業体。SRCが2013年9月から宮海の住軽アルミウム工業跡地(新日鐵住金所有)で運営している太陽光発電所(設備容量約1・2メガワット)を南側に拡充する形で、昨年2月に着工していた。

 敷地面積は東京ドーム約9個分の41万8000平方メートル(うちSRCの既存部分は約1万7000平方メートル)、太陽光発電パネル枚数は16万3680枚(同7520枚)、年間発電量3027万キロワット時は一般世帯約8400世帯分(酒田市の総世帯数の約20%)に相当、年間1万6497トンの二酸化炭素排出削減効果があるという。今年2月1日から稼働、売電している。

 JREは全国で風力、太陽光を中心に再生可能エネルギー事業を展開し、酒田港では旧サミットウインドパワー社が通称・水路周辺に設置した風力発電(出力2000キロワット8基)を取得しており、同社の太陽光発電所は33カ所目となる。

 竣工式には関連企業や県、酒田市、地権者ら約60人が出席。神事で順調な稼働を願った後、SRCの林社長は「リサイクル関連事業を通じ地域の発展に寄与する初心を忘れずに頑張る」、JREの竹内社長は「酒田港は既存の火力のほか、風力、バイオマス、太陽光の再生可能エネルギーが集約され、新たなエネルギー産業のランドマークになる。誠心誠意運営し、地域の発展に寄与したい」とあいさつした。

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク