全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田港メガソーラーパーク完成

完成した酒田港メガソーラーパーク=写真提供・JRE

 酒田港メガソーラーパーク合同会社が、酒田市宮海で建設していた太陽光発電所「酒田港メガソーラーパーク」が完成し18日、現地で竣工(しゅんこう)式が行われた。既設のものを含む設備容量2万8531キロワット(28・531メガワット)は県内最大規模で、全発電量を固定価格買取制度で東北電力に売電していく。

 合同会社はジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京都、竹内一弘社長)と酒田港リサイクル産業センター(SRC、酒田市、林浩一郎社長)が共同出資した合弁事業体。SRCが2013年9月から宮海の住軽アルミウム工業跡地(新日鐵住金所有)で運営している太陽光発電所(設備容量約1・2メガワット)を南側に拡充する形で、昨年2月に着工していた。

 敷地面積は東京ドーム約9個分の41万8000平方メートル(うちSRCの既存部分は約1万7000平方メートル)、太陽光発電パネル枚数は16万3680枚(同7520枚)、年間発電量3027万キロワット時は一般世帯約8400世帯分(酒田市の総世帯数の約20%)に相当、年間1万6497トンの二酸化炭素排出削減効果があるという。今年2月1日から稼働、売電している。

 JREは全国で風力、太陽光を中心に再生可能エネルギー事業を展開し、酒田港では旧サミットウインドパワー社が通称・水路周辺に設置した風力発電(出力2000キロワット8基)を取得しており、同社の太陽光発電所は33カ所目となる。

 竣工式には関連企業や県、酒田市、地権者ら約60人が出席。神事で順調な稼働を願った後、SRCの林社長は「リサイクル関連事業を通じ地域の発展に寄与する初心を忘れずに頑張る」、JREの竹内社長は「酒田港は既存の火力のほか、風力、バイオマス、太陽光の再生可能エネルギーが集約され、新たなエネルギー産業のランドマークになる。誠心誠意運営し、地域の発展に寄与したい」とあいさつした。

関連記事

田原サーフタウン構想

 市内で盛んなサーフィンを活用した地域活性化策、サーフタウン構想を打ち出している田原市は、太平洋に面した赤羽根町のロングビーチ一帯の将来イメージをまとめた。ビーチ東端にあたる高松町弥八島を重点整...

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

長野日報社

ドーム船で楽しむワカサギ釣り 諏訪湖で始まる

 岡谷市湊の民宿みなとは15日からドーム船の営業を開始した。中澤滋専務(58)によると、この時期は昨年ふ化した約10センチの大公、10月半ばからは今年ふ化した5センチ前後の小公が釣りやすくなる...

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク