全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アスパラ 今年は豊作 収穫ピーク 商戦も活気 音更

青空の下、収穫が進むアスパラガス

 さわやかな春の日差しを浴びたアスパラガスの収穫が、十勝管内の農家でピークを迎えている。2016年の台風の影響から昨年産は作柄が振るわなかったが、今年は真っすぐ伸びた形のいいアスパラが多く、「久々の豊作」との声が出ている。藤丸(帯広市)などが贈答用として売り込むほか、市内の飲食店ではアスパラを使った期間限定メニューを用意。“アスパラ商戦”も熱を帯びている。

 音更町東音更の恩田斉さん(42)の畑では、1日に5~6センチ伸びるアスパラの収穫に追われている。今年は霜や強風の被害が少なく、「太くて真っすぐ伸びたアスパラが多く、規格外品が少ない」。2L、Lなど大きさに応じて選別して、JAおとふけに出荷する。

 管内のアスパラは露地栽培が主流。昨年は春先の少雨も響き、総じて生育が悪かった。それだけに、今年の豊作には小売り、外食業界も期待を寄せている。

 藤丸は6月中旬まで、地下1階のギフトコーナーで十勝産アスパラの全国発送を受け付ける。人気の2Lサイズのセットなどは既に完売した。道産品食品ギフト担当の田中正彦係長は「去年を上回る注文数になるのではないか」と話す。

 市内の北の屋台は、6月2日まで「アスパラフェア」を開催する。昨年はアスパラの不作でフェアの期間を短縮したが、今年は全20店でアスパラを使ったメニューを提供。松下博典事務局長は「観光客にも地元の人にも、春の味覚を楽しんでほしい」と強調する。

 もっとも、管内のアスパラの作付面積は減少傾向にあるようだ。音更町の恩田さんは今年、面積を50アールと従来の半分にした。「ここ数年、収穫時期が早まる傾向で、ジャガイモの植え付けなどの作業と重なってしまう」という。人手不足に悩む農家は多く、全道でも同様の傾向とみられる。

関連記事

荘内日報社

世界の課題と鶴岡の食文化 フーデェヴァーでイベント「パネル展」

 世界の課題と鶴岡の食文化を考えるパネル展が18日から、JR鶴岡駅前の「つるおか食文化市場フーデェヴァー」で始まった。  国連が定めた「持続可能な食文化の日」(6月18日)に合わせて、世界のユネスコ食...

紀伊民報社

「かきまでご飯の素」人気 印南郷土料理を手軽に

 和歌山県印南町の郷土料理、かきまぜご飯を家庭でも簡単に食べられるように具材を密封容器に入れ、5月から販売している「かきまでご飯の素」が人気だ。  印南町では昔から祭りや結婚式など人が集まる時...

県民カレッジが開講 受講生22人、薬膳料理学ぶ

 「やいま 再発見!」をメーンテーマとした2018年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座(沖縄県教育委員会主催)が10日、開講した。同日午前、第1回講座「食べる健康 島野菜で長夏のかんたん...

紀伊民報社

生マグロ販売拠点に 勝浦漁港「にぎわい市場」完成

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町は8日、生マグロなどの販売拠点として整備を進めていた「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日にオープンすると発表した。新鮮な生マグロや料理を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク