全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アスパラ 今年は豊作 収穫ピーク 商戦も活気 音更

青空の下、収穫が進むアスパラガス

 さわやかな春の日差しを浴びたアスパラガスの収穫が、十勝管内の農家でピークを迎えている。2016年の台風の影響から昨年産は作柄が振るわなかったが、今年は真っすぐ伸びた形のいいアスパラが多く、「久々の豊作」との声が出ている。藤丸(帯広市)などが贈答用として売り込むほか、市内の飲食店ではアスパラを使った期間限定メニューを用意。“アスパラ商戦”も熱を帯びている。

 音更町東音更の恩田斉さん(42)の畑では、1日に5~6センチ伸びるアスパラの収穫に追われている。今年は霜や強風の被害が少なく、「太くて真っすぐ伸びたアスパラが多く、規格外品が少ない」。2L、Lなど大きさに応じて選別して、JAおとふけに出荷する。

 管内のアスパラは露地栽培が主流。昨年は春先の少雨も響き、総じて生育が悪かった。それだけに、今年の豊作には小売り、外食業界も期待を寄せている。

 藤丸は6月中旬まで、地下1階のギフトコーナーで十勝産アスパラの全国発送を受け付ける。人気の2Lサイズのセットなどは既に完売した。道産品食品ギフト担当の田中正彦係長は「去年を上回る注文数になるのではないか」と話す。

 市内の北の屋台は、6月2日まで「アスパラフェア」を開催する。昨年はアスパラの不作でフェアの期間を短縮したが、今年は全20店でアスパラを使ったメニューを提供。松下博典事務局長は「観光客にも地元の人にも、春の味覚を楽しんでほしい」と強調する。

 もっとも、管内のアスパラの作付面積は減少傾向にあるようだ。音更町の恩田さんは今年、面積を50アールと従来の半分にした。「ここ数年、収穫時期が早まる傾向で、ジャガイモの植え付けなどの作業と重なってしまう」という。人手不足に悩む農家は多く、全道でも同様の傾向とみられる。

関連記事

紀伊民報社

龍神産そば粉使用 ハンバーガーやクッキー

 和歌山県田辺市龍神村柳瀬の産品直売所「村の爺婆(じじばば)の店 まあはいらんせ」が、夏の行楽シーズンに合わせて、地元産のソバを用いたハンバーガー、たい焼き、クッキーの新商品を売り出した。  ...

長野日報社

八ケ岳生とうもろこし 「諏訪の国」第1号商品

 諏訪地方観光連盟(会長・金子ゆかり諏訪市長)は7月31日、観光地域ブランド「諏訪の国」第1号商品の認定式とオリジナルメニューの発表会を東京都内のレストランで開いた。諏訪エリア観光特使を務め...

水耕メロン道内初成功 バイオガス余剰熱で 新得

 道内有数規模のメガファーム「友夢牧場」(町上佐幌基線108、植田昌仁社長)のハウス内で、頭上の棚からメロンが鈴なりに垂れる珍しい光景が広がっている。1株に数十個もなる上に、甘みも強いという画期的...

清水の十勝若牛 カツサンドに 新千歳で来月発売

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、菓子メーカーのもりもと(千歳市、森本吉勝社長)と弁当チェーンを展開するアイチフーズ(札幌市、森谷明弘社長)と連携し、十勝若牛の空弁カツサンドを開発した。8月1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク