全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

島唯一の印刷業、地元青年が承継 知名町の金城さん 「町の活性化につなげたい」

安田印刷の事業を引き継いだ金城良太郎さん(手前右)と固い握手を交わす同社の安田佳郎社長(同左)=27日、鹿児島県知名町

 廃業の危機にあった鹿児島県沖永良部島唯一の印刷会社「安田印刷」(知名町、安田佳郎代表)の事業を、同町の鉄工所役員金城良太郎さん(37)が個人事業主として引き継ぐ。全国で中小企業の後継者不足による廃業が深刻化する中、地元青年の奮起に、周囲からは安堵(あんど)と激励の声が上がっている。

 安田印刷は1967年創業で佳郎社長(72)が2代目。長年、妻・久仁子さん(69)や従業員と共に島の印刷業を担ってきたが、佳郎社長が健康の不安を理由に引退を決意。後継者もなく、2024年4月末で廃業を予定していた。

 印刷機械の修理などで関係があり、同社廃業の話を聞いた金城さんは「最初は誰かが引き継いでくれるだろうと思って見ていたが、誰も手を挙げなかった。もし廃業したら、これまでの客はインターネットなどで島外の印刷業者などに頼むだろう。でもネットを使わない、使えない人はどうなる? 引き継ぐんだったら、間を空けずにやろう」と判断。4月初旬、佳郎社長を訪ね、事業承継を提案した。

 佳郎社長は「島唯一の印刷会社の灯を守ってくれる。行き詰まっているからやめるというわけでもない。(事業を託すのに)不安はなかった」と快諾。以来引き継ぎ業務を進め、6月1日からは金城さんが完全に事業を引き継ぐことが決まった。

 「有限会社安田印刷」は解散するが、「島唯一の印刷業者であり、立地もいい。固定客もいる。そこを大事にしたい」(金城さん)と、屋号に「安田印刷」を残し、従業員もそのまま雇用。金城さんは当面、本業(鉄工所)と兼務で安田印刷の経営に当たるという。

 金城さんの決断の背景には、町内で相次ぐ廃業や後継者不在に悩む声があったという。知名町商工会(会員178人)によると、昨年度は11事業所が廃業を理由に商工会を脱退、会員減少が続いている。金城さんは「時代の流れに対応するためには臨機応変に、新しい事への挑戦も必要だと思う。身内でもない僕が継ぐ事が新しい切り札になり、町の活性化にもつなげられれば」と力を込めた。

 佳郎社長は「ある程度自分で作業もできないと行き詰まる。デザインや機械操作技術も身に付けてほしい。最初の1~2年頑張って軌道に乗ったら、しばらく大丈夫だと思う」と助言。久仁子さんは「誰も受け継げる人がいないと思っていたので、今まで通りここが続くと思うとうれしい。子どもたちも喜んでいる」と涙ぐみ、「印刷には歴史があり、若い方が継ぐのはとても大変かと思うが、金城さんのやるという気持ち、パワーを感じる」と期待を込めた。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク