全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

紫と新緑のコントラスト 上古田のアヤメ園

 箕輪町上古田の会社員、唐澤敬司さん(64)が区内の畑で育てているアヤメが見頃を迎えた。昨年より1週間から10日ほど早め。濃い紫の花が周辺の新緑と鮮やかなコントラストを描き、訪れた人たちの目を楽しませている。

 アヤメが咲くのは、上古田区でも最も西側の旧水田地帯の一角。イノシシなどの野生鳥獣の被害が多く、大型農業機械の出入りがしにくい地形から、10年以上前に水稲の耕作を断念。「先祖から受け継いだ土地の有効活用を」(唐澤さん)と、景観植物で湿地帯にも対応できるアヤメの栽培に着手した。

 当初は数十株だったが毎年株分けし、現在は水田7枚分、約25アールに2万株余りが植わる。

 唐澤さんによると今年は昨年より1週間以上早い5月18日ごろから開花。一気に畑全体で花開いたという。

 近くに住む介護福祉士の唐澤明日香さん(34)は23日午前に来場。「2年前に転居してきたばかりで、初めて来た。開けた場所1面が紫に覆われとてもきれい。こんな場所が近くにあるのはうれしい」と目を細めていた。

 アヤメは今月末まで楽しめるという。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

新城城よみがえる

設楽原歴史資料館で復元された立体模型など並ぶ  戦国時代に築かれた新城城(しんしろじょう)の機能や関わった人たちを紹介する企画展「新城城~今、蘇る新しき城」が、新城市設楽原歴史資料館で開かれてい...

新たに5品「渥美半島たはらブランド」認定

 田原市は、渥美半島たはらブランドとして新たにトマトジュース、うどん、そば、サーモンの加工品など3社の5品を認定した。山下政良市長が各社の代表者に認定書を手渡した。  市内の法人、個人事業主から...

蒲郡の旅館へ女子大生が独自プラン提案

 女子大学生たちが旅館女将(おかみ)の仕事を体験して得た知識をもとに考案したビジネスプランの発表会が6日、蒲郡市三谷町の旅館・松風園であった。10人(金城学院大9人、三重大1人)の学生が4つのビジ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク