全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

紫と新緑のコントラスト 上古田のアヤメ園

 箕輪町上古田の会社員、唐澤敬司さん(64)が区内の畑で育てているアヤメが見頃を迎えた。昨年より1週間から10日ほど早め。濃い紫の花が周辺の新緑と鮮やかなコントラストを描き、訪れた人たちの目を楽しませている。

 アヤメが咲くのは、上古田区でも最も西側の旧水田地帯の一角。イノシシなどの野生鳥獣の被害が多く、大型農業機械の出入りがしにくい地形から、10年以上前に水稲の耕作を断念。「先祖から受け継いだ土地の有効活用を」(唐澤さん)と、景観植物で湿地帯にも対応できるアヤメの栽培に着手した。

 当初は数十株だったが毎年株分けし、現在は水田7枚分、約25アールに2万株余りが植わる。

 唐澤さんによると今年は昨年より1週間以上早い5月18日ごろから開花。一気に畑全体で花開いたという。

 近くに住む介護福祉士の唐澤明日香さん(34)は23日午前に来場。「2年前に転居してきたばかりで、初めて来た。開けた場所1面が紫に覆われとてもきれい。こんな場所が近くにあるのはうれしい」と目を細めていた。

 アヤメは今月末まで楽しめるという。

関連記事

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク