全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

図柄入りご当地ナンバー 「庄内」「山形」の2種類決

 国土交通省は22日、全国41地域に導入する地方版図柄入りナンバープレートのデザインを公表した。地域の風景や観光資源を図柄にしたもので、本県では「庄内」と「山形」の2種類が決定した。いずれも今年10月ごろから順次交付を開始する。

 地方版図柄入りナンバープレートは地域振興や観光振興を目的としており、2020年の東京五輪などに向けて地域情報の発信といった“走る広告塔”の役割が期待されている。県は昨秋に庄内、山形両地域のデザインを公募し、県内外から約140点が集まった。学識者などによるデザイン検討委員会で候補作品を絞り込み、県のホームページ上で行った人気投票の結果なども踏まえ決定。国土交通省にデザインを提案した。

 庄内ナンバーは鶴岡市出身で京都府在住の会社員、松浦隆浩さんのデザインによるもの。鳥海山と田園を背景に躍動感あふれる稲穂をメーンとしており、庄内のイメージを表現している。

 ナンバープレートは今秋以降、希望者に交付される。数千円ほどの手数料が掛かるほか、1000円以上の寄付金を払うと白黒がカラー版になる。寄付金は自治体が観光振興や道路整備などの事業に活用する。

 このほか国土交通省は同日、新たな地域名を表示するナンバープレートとして全国17地域の追加を発表した。東北地方では「弘前」(青森県)や「白河」(福島県)の2種類が決定した。いずれも20年度の交付を予定している。

今秋の交付開始に向け、「庄内」と「山形」の図柄入りナンバープレートのデザインが公表された

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク