全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着ごみを拾い集め、汗を流した。

漂着ごみを協力して拾い集める参加者

 NPO法人パートナーシップオフィス(同市、西村修理事長)を中心に、市や県産業資源循環協会、東北公益文科大地域共創センター、酒田海上保安部などで組織する実行委員会(実行委員長・笹村司NPO法人美しい庄内代表理事)の主催。飛島西海岸は「日本の渚100選」にも選ばれている景勝地だが、対岸からとみられる漂着ごみが多く、環境汚染が大きな社会問題となっている。

 この日は青空の下、10―70代の男女有志が集まり、荒崎海岸の約200メートル区間でプラスチック類、発泡スチロール、漁網、ロープ、ハングルや中国語が書かれたビン・缶などを手分けして拾い集めた。

 公益大4年の森本大晴(たいせい)さん(21)=秋田県美郷町出身=は「参加は2回目。昨年の作戦から1年で海岸のごみ状態が戻ってしまい残念。島の清掃活動は全国のごみ問題にもつながると思う」と。初参加という酒田海保職員の佐藤雄太さん(31)は「思ったよりごみが多い印象。飛島の環境を初めて知った」と話していた。

 約2時間半ほどの作業でごみ袋1050袋、推定約2・5トンものごみが集まり、海岸は見違えるほどきれいに。集めたごみは参加者で力を合わせ、“バケツリレー”でトラックに積み込んだ。今後、総合建設業「みなと」(同市、川合章社長)の船で酒田港に運び、処理するという。

集めたごみは“バケツリレー”でトラックまで運んだ=25日

 事務局のパートナーシップオフィスの金子博副理事長は「天候の影響からか昨年より多くのごみが漂着していた。海洋ごみ問題の政策に対し目に見えて減らないのが現実。陸のごみ対策は着実に進んでいるが、海はより国際的な協力が必要」と話した。清掃終了後、参加者たちは港近くの芝生公園で昼食、島内の散策やバードウオッチングなど、定期船が来るまでの間、島の自然を楽しんだ。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク