全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(主催者発表)が満喫した。住吉まつり復活委員会(土井始会長)主催。

 境内のメインステージは、25日の前夜祭からダンスや楽器の演奏などでにぎわった。26日の本祭は、長陽雅楽会による神事で厳かに開演。地元の園児や小・中学生、団体らも次々に登壇し、総勢47団体540人がかわいらしい踊りや迫力満点の太鼓、よさこいなどで盛り上げた。

 太平洋セメントの住吉社宅駐車場から同神社までのパレードでは、須恵小、小野田中、小野田工高の児童・生徒が、地区の近代化を支えたセメントたる、硫酸瓶、徳利(とっくり)窯を模したみこしを担いだ。市職員共済会や小野田小による龍舞も続いた。

 同社宅駐車場、龍遊館、地域密着型介護事業所いつは前に設けたキッズエリアは、例年以上に内容を充実。ポケモンカード大会や猿回し、ヒップホップダンスの演技などが行われた。ゲームコーナーやくじ引き、工作コーナー、ハンドメード雑貨の販売も人気を集めた。

 フィナーレは、祭りの5周年を記念して作られた総踊り曲「つなぎ歌」。多くの来場者がステージに集まり、よさこい団体と一緒になって笑顔で踊った。終演後は、餅まきが行われた。

 土井会長は「好天に恵まれ、前夜祭も本祭も大変盛り上がった。多くの団体の協力のおかげ」と感謝を口にした。

 同まつりは市の発展の礎を築いた唯一の名誉市民、笠井順八ら先人の遺徳をたたえ、地域の活性化と絆づくりを目的に開催。小野田セメント(現太平洋セメント)が明治時代から行っていたが、時代の変遷とともに途絶え、地元有志が2012年に〝復活〟させた。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク