全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋・のんほいパークで善意フェス ボランティアら親睦深める

野外コロシアムでの開会式=いずれものんほいパークで

 豊橋善意銀行創立60周年記念「善意フェスティバル2024」(同善意銀行主催)が26日、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で開かれた。福祉施設利用児者、在宅障害児者、企業や一般・学生のボランティアらが一堂に会し親睦を深めた。

 いろいろな立場の人たちがふれあい、相互理解と友愛を深め、ボランティアの輪を広げようと1983年から開く。今年で40回目。地元企業や奉仕団体、福祉施設、地元9高校の生徒ら約1300人が参加した。

 開会式では豊橋善意銀行の永田強副理事長が「皆さまのお力添えで善意銀行も60周年を迎え、フェスも40回目。笑顔あふれる楽しい事業にしましょう」などとあいさつ。善意銀行60周年記念講話として「市手をつなぐ育成会」の渡辺徹子会長、「市聴覚障害者協会」の中谷常也副会長が障害についてスピーチした。

 会場ではボランティアと障がい者らが小グループを作り、ぬり絵やペタンク、お菓子釣り、風船バレーといったゲームや工作、福祉体験、飲食など計33ブースをスタンプラリー形式で回って楽しんだ。野外コロシアムではボランティアの音楽演奏で盛り上がった。

福祉体験やゲームなどを楽しむ参加者

 学生ボランティアは、高齢者や障がい者のアテンドや各ブースでのスタッフなどを務め、イベントのスムーズな運営に尽力した。豊橋善意銀行の中神真常務理事は「学生ら多くのボランティアや、開始当初から協力してくれる企業のお陰でここまで続けられた。天候にも恵まれてよかった」と話した。

関連記事

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

長野日報社

全国各地の愛好団体集結 長野県駒ケ根市で初の「河童サミット」

「みんなに会いたカッパ(かった)よー」。全国各地のカッパ愛好団体が集う交流会「河童サミットinKOMAGANE」(河童連邦共和国主催)が9日、長野県駒ケ根市で開かれ、同市の団体「駒ケ根天竜かっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク