全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「紫輝」広がる香りと笑顔 長野県宮田村で解禁祝うワインまつり

赤ワイン「紫輝」の新酒の解禁を乾杯で祝う「ワインまつり」の参加者

 長野県宮田村の特産ワイン「紫輝」の新酒の解禁に合わせた「ワインまつり」が25日、JR飯田線の宮田駅前周辺であった。県内外から約500人が来場し、村内で栽培、収穫されたヤマブドウ「ヤマソービニオン」を原料にした2023年産の赤ワインを堪能。赤紫に輝く色やフルーティーな香りを楽しんだ。

 ワインを通じた地域おこしに取り組む宮田村の「中央アルプス山ぶどうの里づくり推進会議」(会長・小田切康彦村長)が、1999年からヤマソービニオンを原料にワインを醸造。例年は12月となっている新酒の解禁時期を変更し、半年ほど熟成期間を延長。まつりに合わせて解禁した。

 今年のブドウの収量は約15トン。赤ワイン「紫輝」は720ミリリットル瓶で約4000本を造った。醸造元の本坊酒造マルス駒ケ岳蒸溜所(同村新田)によると、「熟成期間を長くしたことで、紫輝の本来の味を残しつつ丸みを帯びた仕上がりになった」。収穫時期の昨年9、10月に雨の影響を受けなかったため、糖度が高いブドウになったという。

 会場に詰め掛けた人たちは、ワインの香りや味を確かめながら歓談。駒ケ根市から訪れた60代の女性は、過去に参加したワインまつりで知り合った友人とともにグラスを傾けた。「味に深みと酸味があっておいしい。友達の輪も広がり、すごく楽しい時間」と話していた。

 「紫輝」は1本1988円(税抜き)。村内を中心とした酒販店で取り扱っている。問い合わせは同村産業振興推進室(電話0265・85・5864)へ。

関連記事

釧路新聞社

初夏の屋外で食楽しむ きょうまでキッチンカー催事

 釧路市役所防災庁舎前広場できょうまで、釧路市と釧路町に拠点を置くキッチンカーが集まる「くしろキッチンカーEXPO」(北海道キッチンカー協会主催)が開かれている。初日となった夏至の21日は、市民や...

長野日報社

栽培甘栗使って商品開発 初崎製作所と赤穂高生 長野県

 精密機器製造の初崎製作所(長野県宮田村大田切、初崎哲也社長)と赤穂高校(駒ケ根市)商業科の3年生は、同社が栽培する甘栗を原料にしたドリンクとパンの商品開発に取り組んでいる。共同での商品開発は...

マンゴー、パイン全国へ 夏の味覚シーズン到来 宮古郵便局でゆうパック出荷式

宮古郵便局(保久村昌治局長)で19日、「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が行われた。職員や生産農家、航空関係、市の関係者らが参加し、夏の味覚の本格的な出荷シーズンの到来を喜んだ。出荷式は...

長野日報社

「赤いルバーブ」全国の百貨店へ 長野県富士見町特産、出荷始まる

 長野県富士見町ルバーブ生産組合の農家が栽培する町特産野菜「赤いルバーブ」の出荷が始まっている。同町富士見区内にある集出荷施設では、町内各地から集まった赤いルバーブの袋詰めに組合独自のステッカ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク