全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

南箕輪村の特別栽培米「風の村米だより」飲食店で提供 魅力と味PR 長野県

「風の村米だより」を提供する参加店舗が第2、第4金曜日に掲げる桃太郎旗

長野県南箕輪村で生産される特別栽培米「風の村米だより」が6月から、村内の飲食店9店舗で提供される。地産地消と認知度向上を促進する村の新たな試み。参加店はそば店や焼き肉店、居酒屋、ラーメンやどんぶりを扱うレストランなどで、特別な方法で精米された「金芽米」にちなみ、毎月第2、第4金曜日に桃太郎旗を掲げ、地元特産米の魅力と味をPRする。

「風の村米だより」は村内産のコシヒカリで、「中央アルプスと南アルプスから爽やかな風が吹く村から、おいしい米の便りを食卓に届けたい」の思いを込め、上伊那農業高校(同村)の生徒が命名した。有機肥料(鶏ふん)と米の精(米ぬか)を使用しているのが特徴で、村を挙げて普及・拡大に取り組む。

20年産から米の精を使った栽培が始まり、学校給食の米飯を賄う。22年度には上伊那地域の一部スーパーマーケットが店舗販売をスタート。23年度は保育園の未満児給食などに導入し、大阪府泉大津市の学校給食にも採用された。村内妊婦へのプレゼントやプロジェクト賛同者に対する出産予定日までの宅配サービスも行っている。作付面積は年々増加し、2023年は65・6ヘクタールに達した。

村内飲食店での活用は、地産地消の促進と認知度の向上が目的。各店舗が現在使用する米の価格の差額相当分1キロ当たり200円を村が補助し、第2、第4金曜日の原則月2回、ブランド米を提供してもらう。1店舗当たり月20キロ程度の使用を想定する。

参加店舗のうち、「そば処 新兵ヱ」は、そばと煮魚でご飯を楽しむ特別メニューを考案した。そばとカツ丼、天丼が名物の「どんべえ定食」に加え、6月7日から毎週金曜日に10食程度限定で提供するという。店主の根津直明さん(56)は「金芽米はヘルシーで玄米に近い栄養価が取れるのが魅力。健康志向の方や女性、高齢者の皆さんにも食べていただける」と太鼓判を押す。「村の農業の活性化に携わり、村を発信する起爆剤になれたら」と話している。

参加店舗は次の通り。

そば処新兵ヱ、藤十郎、串吉、たけろくあおがり亭、縁結、かりん亭、ロンカンフリエ、カラオケサロン宴、南箕輪村開発公社

関連記事

バナナを使った商品開発 南山大生と田原の「マーコ」

 南山大学経営学部の川北眞紀子教授のゼミに所属する3年生6人は、田原市保美町の青果生産販売「マーコ」が伊良湖温泉水で育てたバナナを使ったせんべいなどの商品開発に挑戦中だ。今年度中に完成を目指す。 ...

長野日報社

24日は土用の丑の日 「うなぎのまち」岡谷市の店にぎわい 長野県

24日の「土用の丑の日」を前に、「うなぎのまち岡谷」として知られる長野県岡谷市内のうなぎ料理店や川魚店が、繁忙期を迎えている。稚魚の不漁や円安、物価高の影響で仕入れ値が高騰する中、値上げ幅を抑...

豊川でアールスメロンの出荷最盛期

 メロンの生産が盛んな豊川市で、ネット系の「アールスメロン」の出荷が最盛期を迎えた。今年4月に完成し、7月から本格稼働した同市三上町のJAひまわり「総合集出荷センター」では、農家が持ち込んだメロン...

6店と8農家のグループ 地産地消の新メニュー発表会 豊橋市

 豊橋市は16日、駅前大通2の「エムキャンパスフード」で、飲食店や菓子店と生産者が夏の農産物を使って共同考案した地産地消の新メニュー発表会を開いた。事前のマッチング会で結ばれた6グループが延べ12品を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク