全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

脱炭素化へEVバス導入 知名町フローラルホテル 沖永良部島

運行を開始したおきえらぶフローラルホテルのEVバス=23日、鹿児島県知名町

 鹿児島県知名町が経営する「おきえらぶフローラルホテル」に導入されたEV(電動)バスの運行開始セレモニーが23日、同町知名のホテルであった。関係・協力する企業、団体などから約40人が出席。排出ガス削減による環境負荷低減や地域の持続可能な発展への貢献に期待を込めた。

 同町は2022年、和泊町と共に環境省の脱炭素先行地域に選定され、公共施設への再生可能エネルギー(再エネ)導入や車両の電動化などを進めている。今回のEVバス導入は、町が排出するCO2の約3分の1を占める運輸部門の脱炭素化を推進するとともに、島内外の多くの人が利用するバスをEV化することで、町の脱炭素の取り組みをPRする狙い。

 九州電力(福岡県)と芙蓉総合リース(東京都)がカーボンニュートラル社会の実現に向け、EVバスを定額制(サブスクリプション)で貸し出す「九電でんきバスサービス」の提供を受けた。事業費は約7千万円で、脱炭素先行地域事業の交付金を活用。充電設備導入や保守サービスなどを含む8年間の契約となっている。九電によると、同サービス提供は知名町が初めて。

 乗車定員は29人。主に港や空港まで同ホテル宿泊客を送迎するほか、冠婚葬祭等でホテルを利用する島民の送迎利用も想定している。25年度以降に計画されている同ホテルへの太陽光発電設備設置後は、再エネ電源による充電を行う予定。非常災害時はEVバスを電源として活用することも可能だ。

 この日のセレモニーでは赤地邦男副町長が「宿泊者に快適な移動とともに環境に優しい交通手段を提供し、地域の持続可能な発展に寄与することができると確信している」とあいさつ。協力企業を代表して九州電力の豊田仁コーポレート戦略部門インキュベーションラボ長は「知名町、島のカーボンニュートラル実現に向けて一翼を担うことができれば幸い」と述べた。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク