全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者のニーズを探りながら、今後の食関連の観光戦略に反映させていくという。

食の観光戦略に反映

まちなかの飲食店で行っている笹巻提供のテスト事業=21日、ogawa en cafe

 鶴岡市が今年、ユネスコ食文化創造都市認定10周年を迎えたことや、今年3月に「庄内の笹巻の製造技術」が国の登録無形民俗文化財に指定されたことを受け、食や食文化を観光コンテンツの一つとしてPRを強化している。しかし、郷土食は家庭で食べられることが多いため、実際に提供している店が少なかったり、どの店で提供しているか分からないといった観光客などの声が聞こえたことから、同商議所でテスト事業を企画。手始めに文化庁の「100年フード」に昨年認定され、鶴岡アートフォーラムで開催中の特別展「和食展」で手作り体験なども行われている「笹巻」を取り上げ、メニューを提供し、SNSなどで情報発信してくれる市街地の会員事業所を募った。

 賛同したのは、これまでにも笹巻を提供していたという末広町の「うなぎの若林」、新たに提供する山王町の「すたんど割烹みなぐち」と本町一丁目の「ogawa en cafe」の3店。今月11日から来月9日(日)までの約1カ月間、期間限定でメニューに「笹巻」を加え、提供数や利用者が観光客であるかどうかなどを把握し、フィードバックするという。

ogawa en cafeが提供する笹巻セット。上が抹茶糖を使ったメニュー

 このうちogawa en cafeでは朝日地域で作られた笹巻を提供。一般的な黒蜜と青きな粉のほかに、お茶屋らしく抹茶糖で味わう笹巻を提案し、メニューに加えた。21日までの10日間で30食余りが出て、黒蜜と抹茶糖の割合も半々だという。

 笹巻は初めて食べたという菅原大輝さん(23)=酒田市こがね町二丁目=は「初めての不思議な食感。祖母にも食べさせたいので、今度一緒に来たい」とおいしそうに味わっていた。

 同商議所では「この取り組みを知った会員事業所以外の店舗からも、うちでも笹巻を提供しているという情報も寄せられた。冬には寒ダラ汁の提供も予定している。さまざまなニーズを探りながら、他団体とも連携を取って伝統食を未来につなげたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク