全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

収穫が始まった南高梅(和歌山県みなべ町東岩代で)

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。

 JA紀州に出荷する梅農家は両町で約1400戸あり、栽培面積は約2170ヘクタール。このうち南高は8割以上を占める。
 今季のJA紀州での荷受けは22日からで、それに合わせて農家が収穫を始めた。海岸近くの園地から収穫していき、和歌山県みなべ町気佐藤の統合選果場や各地にある集荷場に持ち込む。
 JA紀州みなべいなみ梅部会の副部会長、石橋弘至さん(50)=和歌山県みなべ町東岩代=は、約3ヘクタールで栽培しており、家族や臨時雇用した人ら計6人で収穫している。石橋さんは「今年は不作で収量は少ないが、おいしい梅なので全国の人に味わってもらいたい」と話した。
 統合選果場に持ち込まれた梅は、主に梅酒や梅シロップ用の青梅として関東や関西を中心に全国の市場に出荷される。
 JA紀州によると、青梅の収穫のピークは平年より7~8日早い5月末から6月初めにかけてとみられ、山間地では6月中旬まで続く見込み。市場への出荷は平年の7割ほどの約1500トンを目標にしている。
 JAの担当職員は「約20年梅を担当しているが、これほどの不作は初めて。そこにひょうによる傷の被害もあり、厳しい年となるが、市場や消費者にこうした産地の状況を丁寧に伝えていきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク