全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィペール シェフの気まぐれレトルト第1弾

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販売で、「シェフの気まぐれレトルト」シリーズ第1弾。富樫さんは「北月山荘の魅力の一つとして楽しんでほしい」と話している。

 富樫さんは昨年2月から同町の地域おこし協力隊員として同施設を拠点に立谷沢地区の観光と誘客促進を担当。これまでシェフとして活躍してきた経歴を買われ、同年7月からは同施設の食堂で腕を振るっている。月山登山などの宿泊客に同町産の食材をふんだんに使い、夕食はフレンチ、朝は立谷沢のご飯を中心とした和食を提供。「お昼に食べられるものが欲しいという要望は以前からあったが、朝夕をメインにしているので十分に対応するのが難しかった」(富樫さん)という。

 こうした声を受け、常温で長期保存でき、お湯で温めるだけで手軽に食べられるレトルト食品に着目。今年2月から立川複合拠点施設で「麻婆豆腐弁当」や「ポークカレー」などを月1回販売する一方、町立谷沢川流域活性化センター・タチラボにある急速冷凍や真空パックなどの設備を活用し、余分に作った料理をレトルト化するなど準備を進めてきた。

 発売したポークカレーは化学調味料無添加。「豚の骨からだしを取り、味の決め手はトマト。ゼラチン質が豊富な食品未利用部位である豚筋を使用し、とろみも十分」(同)。1パック200グラム、600円(税込み)。パッケージデザインは元・町地域おこし協力隊員でデザイナーの伊計麻衣子さん(同町在住)が制作。料理の雰囲気と北月山荘をイメージしたという。

 富樫さんは「昼食として手軽に食べられるのはもちろん、お土産としてそれぞれの地域で味を広めてもらえれば。カレーだけでなく、麻婆豆腐や豚丼なども商品化したい」と今後の展望を語った。

富樫さんと北月山荘限定販売の「ポークカレー」

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク