全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【宇部】

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の中でサポートする。20歳未満の自立援助を目的とした入所施設は市内で初めて。

 児童養護施設や里親の元で育った子どもたちは、施設の退所後に社会的孤立に悩む傾向がある。同法人は子ども食堂や学童保育事業に取り組んでおり、県から児童自立生活援助事業所Ⅰ型の認可を受けて、そのサポートを始めた。自立援助ホームは県内で7カ所目。

 市中心部で家族向けのアパートの4室を借りて運営(入所定員6人)。共有スペース(台所と居間)では子ども同士が交流し、一緒に食事を取る。プライベート空間として全室個室(和室・洋室)を用意。職員が24時間常駐して相談に乗ったり、調理を補助したりする。同様の施設でアパートを利用するのは、県内では山口市の施設との2カ所だけ。

 一人一人に応じた自立支援計画を作成し、それに基づいてサポート。ホームから高校や専門学校、アルバイト先に通って生活リズムをつくる。バイト代の一部は生活費としてホームに入れるなど、今後の自活に必要な感覚も身に付けていく。

 施設や里親の元を巣立つ子どもを受け入れる他、年齢や性別を問わず児童相談所からの要請を受けて虐待などからの一時保護、市からの委託による子どもの一時預かりなどに対応する子育て短期支援事業にも取り組む。また、不登校や引きこもりの相談、対応も行う。

 現在は女子に限った入所を募っている。ホーム長の松本代表は「永紬の名称には、末永くつながる、関係は途切れないという思いを込めた。次のステップにつながるように支援したい。子どもの自立に関することで悩んでいる人も相談してほしい」と話している。

 問い合わせは同ホーム(電話38-8804)へ。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク