全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

種もみや除草剤をまいて水田の上空を飛行したドローン

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティングという特殊加工の種もみや除草剤などをドローンで直接まき、その後も特殊なカメラなどを使いながら空撮して生育調査を続ける。片桐剛社長(46)は「農家の皆さんのコスト抑制や省力化につながれば」と期待する。

 waveでは3年ほど前からドローンの活用を含めスマート農業のサポートに力を入れている。昨年からはドローンによる直播栽培の実証実験を始め、通常の栽培と変わらず刈り込みもできるなど、手応えをつかんでいる。

 直播栽培はかつて、まいた種もみが鳥に食べられてしまうなど欠点があったが近年は、コーティングされたものが開発されるなど技術が進歩。苗床を作る手間暇もなくなるとして注目される。

 先週末に30アールほどの水田で行った実証実験では、従来の機械で田植えに1時間ほどかかるところ、ドローンでは5分ほどで直播が完了した。

 「力仕事ではないので、ドローンの操縦や見張りなどでさらなる女性活躍の場にもなるはず」と片桐社長。「農業の現場でもいろいろな用途でドローンは活用できるので、可能性はもっと広がるはず」と説明する。

 収穫まで続くこの実験でも、光合成の違いなどを判断できるスペクトルカメラで空撮し、生育状況を可視化。育ちが悪い場所にピンポイントで施肥などする。片桐社長は「育つことは確認しているので、あとは収量を安定させること」と話した。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク