全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

懐かしの古時計ずらり すわまちくらぶ企画展

時計産業の歴史や暮らしを振り返る、すわまちくらぶの古時計展

 個人や事業所所蔵の古時計を展示して、諏訪地域のルーツともいえる時計産業と当時の様子を紹介する企画展が、諏訪市諏訪1のまちづくりの拠点「すわまちくらぶ」で開かれている。クオーツ(水晶)式時計以前の、ぜんまい仕掛けの木製の壁掛けや置き時計、腕時計、懐中時計など115点が並び、懐かしさや当時の生活に思いをはせている。7月3日まで。

 同所の運営協議会が6月10日の時の記念日に合わせて企画した。テーマは「時計が刻んだあの日・あの時」。時計は諏訪地域の14人や貴金属店、公共施設などから提供があった。

 目を引く木製の掛け時計は、大正~昭和時代に作られた「SEIKOSHA」(精工舎)製。1918(大正7)年に当時の諏訪市図書館に寄贈された時計は、鎌倉彫りで草花が施されている。

 旧料亭「信濃」(諏訪市大手)の帳場の時計は1937年に購入され、客を迎える時間や芸妓が来る時間を知らせていた。ドイツやアメリカ製を模した時計も展示。また、諏訪精工舎(現セイコーエプソン)前身の大和工業と第二精工舎諏訪工場の作業風景などを写真で紹介する。

 江戸後期から明治初期の櫓時計や香炉時計、諏訪市出身の元中央気象台長藤原咲平に贈られた大理石製の置き時計なども展示している。

 運営協議会は「さまざまな技術に対する黎明期が諏訪にもあった。失敗を繰り返し独自の技術を獲得した歴史を感じてもらいたい」とし、多くの来場を呼び掛けている。

 入場無料。時間は午前11時~午後4時。水曜定休。問い合わせはすわまちくらぶ(電話0266・55・1029)へ。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク