全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「八幡屋礒五郎」と契約しトウガラシ栽培 シカ食害遭いにくく 長野県下諏訪町

トウガラシの栽培方法について講習を受けた下諏訪町の農家

長野県の下諏訪町農業技術者連絡協議会(農技連)は、トウガラシの製造・販売業「八幡屋礒五郎」(長野市)と契約を交わし、今年度から町内で新たにトウガラシの栽培に取り組む。17日は町内赤砂の畑で苗の栽培方法の講習や苗の引き渡しがあり、関係者約20人が参加。初年度は14の農家・団体が同社が提供する品種「信八」を栽培し、秋の収穫・乾燥を経て来年1~3月の納品を目指す。

同町の中山間地域の農地では、シカの食害に悩まれてきた。農家の高齢化もあり、軽量で鳥獣被害に遭いにくい新たな品目を模索していたところ、同社が県産トウガラシの契約農家を探していることが分かり、町農技連から連携を打診した。今年1月には同社社員を招き、町内農家向けの説明会を開き、鳥獣被害に遭いにくい点や納品が農繁期と重ならないなどの利点を伝えていた。

この日は、同社の牟礼工場(上水内郡飯綱町)から農業担当の禰津良輔さん(33)が同町に来訪。セルに並んだ3センチほどの苗を見せながら、「苗に土をあまりかぶせ過ぎないように」などと栽培のポイントを伝えた。「連作障害には気を付けて」「シカはトウガラシの実は食べないが、新芽のときは気を付けて」などと注意点も伝えた。その後、農家らに希望する数の苗が引き渡された。

同町東町中の農地で野菜などを栽培する女性(76)は2トレー(苗256本分)を受け取り、「長年、シカの食害に悩まされている。トウガラシはシカが食べないと聞いたので期待したい」と意欲を見せていた。

今後は2カ月に1回程度、禰津さんが同町を訪ね、生育状況を見ながらアドバイスを行う。同町産業振興課農林係は「シカの食害に悩む農家が多いので被害防止につながれば。町の特産にもつなげていきたい」とした。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク