全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地元の歴史を読み解く

新城市長篠城址史跡保存館「初代丸山館長の郷土再発見」発刊

 新城市長篠城址史跡保存館は、初代館長で郷土史家として活動した丸山彭(ほう)さん=故人=の文章をまとめた「初代丸山館長の郷土再発見」を発刊した。編さんした同保存館学芸担当山内祥二さんは「真面目で人間味あふれる丸山さんの性格が文章に現れています」と話す。A4判、255㌻で、1冊400円。  丸山さんは元長篠村長で、保存館が1964(昭和39)年に開館してから20年間、館長を務めた。長篠城址の研究として「長篠合戦余話」「戦国落穂ひろい」などの書籍を刊行している。88年に88歳で亡くなった。  同館では2011年に企画展、開館50周年の15年には特別展を開催したが、資料整理していた際に生前に残した手記が見つかったことや、丸山さんの次男・七原惠史(よしふみ)さん=名古屋市=の協力を受けて発刊にこぎつけた。  書籍では母校安城農林の同窓会報や、太平洋戦争後に村長を務めていた際に肺結核となっての闘病記、昭和の大合併など、郷土史だけでなく自分史にも及ぶものも見られる。  「自ら足で稼いでネットワークづくりをする姿勢を見習って私も実践しています」と山内さん。  書籍は100冊発行して残り15冊程度という。同保存館で販売している。  問い合わせは新城市長篠城址史跡保存館(0536・32・0162)へ。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク