全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地元の歴史を読み解く

新城市長篠城址史跡保存館「初代丸山館長の郷土再発見」発刊

 新城市長篠城址史跡保存館は、初代館長で郷土史家として活動した丸山彭(ほう)さん=故人=の文章をまとめた「初代丸山館長の郷土再発見」を発刊した。編さんした同保存館学芸担当山内祥二さんは「真面目で人間味あふれる丸山さんの性格が文章に現れています」と話す。A4判、255㌻で、1冊400円。  丸山さんは元長篠村長で、保存館が1964(昭和39)年に開館してから20年間、館長を務めた。長篠城址の研究として「長篠合戦余話」「戦国落穂ひろい」などの書籍を刊行している。88年に88歳で亡くなった。  同館では2011年に企画展、開館50周年の15年には特別展を開催したが、資料整理していた際に生前に残した手記が見つかったことや、丸山さんの次男・七原惠史(よしふみ)さん=名古屋市=の協力を受けて発刊にこぎつけた。  書籍では母校安城農林の同窓会報や、太平洋戦争後に村長を務めていた際に肺結核となっての闘病記、昭和の大合併など、郷土史だけでなく自分史にも及ぶものも見られる。  「自ら足で稼いでネットワークづくりをする姿勢を見習って私も実践しています」と山内さん。  書籍は100冊発行して残り15冊程度という。同保存館で販売している。  問い合わせは新城市長篠城址史跡保存館(0536・32・0162)へ。

関連記事

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

宇部日報社

常盤公園にハートの形の切り口のヤマザクラ

 宇部市の常盤公園「あじさい苑」に、ハート形の枝の切り口が潜んでいる。見つけた来場者からは「恋がかなうかも」「幸せになれるかも」と評判になっている。    約160センチの高さにあり、切り口は縦...

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク