全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

農家レストラン開店へ 〝孫ターン〟の大学院生

祖母の太田千代子さんと苗植えをする前芝一輝さん(串本町須江で)

 和歌山県串本町須江で、和歌山大学大学院2年の前芝一輝さん(24)が、自家製の無農薬野菜を使った「農家レストラン」を開業する。和歌山市出身だが、祖父母が同町で暮らす〝孫ターン〟。「地域資源を生かしてふるさとの活性化に貢献したい」と意気込んでいる。

 大学院で過疎化や後継者不足、空き家の増加など地方の課題を学んでいくうち、串本町で農業を継続するのが難しくなっていた母方の祖父母が頭に浮かんだ。「社会の課題は自分の課題」と気付いた。

 昨年度1年間休学し、祖父母宅に住み込んで、農業に打ち込んだ。農業は子ども時代に手伝ったことがある程度だったが、祖父母の太田久さん(79)と千代子さん(78)を「先生」に、くわの扱いも「様になってきた」という。  農地は10アール。オクラやスイカ、ダイコン、ジャガイモ、ハクサイ、トマト、ナス、ワラビ、ミカン、梅、柿など、葉ものから根菜、山菜、果樹まで30種以上を少量ずつ栽培している。7アールで始めたところ、地域の高齢者から耕作放棄地の活用を頼まれるなどして、栽培面積を増やした。  ただ、農作業には慣れてきたものの、農業だけで生活する難しさも実感した。「少量多品目の安全野菜に加え、串本には新鮮な魚、ジビエもある。これを生かして起業できないか」。そこで、かつて曽祖母が民宿を営んでいた空き家をレストランにすることを思いついた。

 メニューは旬の素材に応じて作るため、毎週替わる。開業を前に洋風、和風の料理を研究中。祖母から教わった家庭料理もメニューに加える。菓子作りは得意で、スイーツなども提供したいという。  6月から元民宿の改修が本格化する。人手の確保にも工夫した。農業や起業、古い建物を大規模改修して新しい価値を持たせるリノベーションに関心がある学生を募り、約20人の応募があった。学生も起業の過程を共有できるため、双方に利点がある。  農家レストランは9月に開業予定。当面、週末や祝日限定で営業する。前芝さんは「まずは小さく始める。観光客をターゲットに、田舎の良さを知ってもらいたい。やりたいことは、あふれ出てくるほどある。軌道に乗れば農家民泊なども展開したい」と話している。

関連記事

荘内日報社

世界の課題と鶴岡の食文化 フーデェヴァーでイベント「パネル展」

 世界の課題と鶴岡の食文化を考えるパネル展が18日から、JR鶴岡駅前の「つるおか食文化市場フーデェヴァー」で始まった。  国連が定めた「持続可能な食文化の日」(6月18日)に合わせて、世界のユネスコ食...

紀伊民報社

「かきまでご飯の素」人気 印南郷土料理を手軽に

 和歌山県印南町の郷土料理、かきまぜご飯を家庭でも簡単に食べられるように具材を密封容器に入れ、5月から販売している「かきまでご飯の素」が人気だ。  印南町では昔から祭りや結婚式など人が集まる時...

県民カレッジが開講 受講生22人、薬膳料理学ぶ

 「やいま 再発見!」をメーンテーマとした2018年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座(沖縄県教育委員会主催)が10日、開講した。同日午前、第1回講座「食べる健康 島野菜で長夏のかんたん...

紀伊民報社

生マグロ販売拠点に 勝浦漁港「にぎわい市場」完成

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町は8日、生マグロなどの販売拠点として整備を進めていた「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日にオープンすると発表した。新鮮な生マグロや料理を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク