全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田市産業振興まちづくりセンター 6月1日グランドオープン

 酒田市が4月に同市中町二丁目の酒田産業会館1階に開設した「市産業振興まちづくりセンター」(愛称・サンロク)が、6月1日(金)にグランドオープンする。農林水産業者や企業をつなぎ、創業支援や女性活躍推進など多彩な業務を推進していく。

 同センターは、市が本年度の目玉事業の一つとして4月2日にオープンした。地元企業や農林水産業者らのニーズ(課題)とシーズ(技術や能力)をつなぎ、創業や農商工連携、新商品・サービスの開発、販路開拓などの支援、女性活躍などを推進し、産業振興につなげるもの。3月に市内の産学官金の関係機関で立ち上げた運営協議会(会長・丸山至市長)が運営母体となり、ニーズとシーズをつなぐ中心となる「コンシェルジュ」3人をはじめ、市や市内の商工団体の職員らスタッフ13人が業務に当たっている。

 センター内には新たにウッドデッキを造り、テーブルをランダムに配置し、約40席を設けた。オフィスと、6月1日に正式に開設する「コワーキングスペース」の間仕切りはなく、スタッフとコワーキングスペースの利用者が入り乱れてセンター内のあちこちに座り、自由な雰囲気の中で仕事をしている。

 コワーキングスペースは、起業や新たな製品・サービスを模索する人たちが仕事空間を共有する場で、人と人をつなぎ仕事を増やすとして全国的に開設が増えている。市内では市が公益研修センターに開設した「アンダーバー」、民間企業による新橋二丁目の「ライトハウス」に続き3カ所目。今月初めから6月まで無料で「お試し利用」を行っている。

 センターの業務は6月から本格化する。コンシェルジュが市内の各企業を回り、得意とする技術や課題などを聞く調査に乗り出す。また、先進地から講師を招いたセミナーを開き、起業や新たな働き方について啓発を図っていく予定だ。

 コンシェルジュの1人の平尾清・東北公益文科大特任教授は「全国では今、いかにして人と人をつなぐ仕組みをつくるかという競争をしている。大都市でも、優れた人材がいるだけでは駄目で、人と人の出会いが新たな仕事を生み出すためだ。フリーランス(個人事業者)で月収100万円超という人も増えつつある。中心市街地という立地を生かし、新たなネットワークづくりの拠点にしていきたい」と話している。問い合わせは同センター=電0234(26)6066=へ。

産業振興に向け、人をつなぐ拠点として開設された酒田市産業振興まちづくりセンター

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク