全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

120人がカヌーでごみ拾い

清掃をしながら川を下るカヌー(20日、古座川町の古座川で)

 カヌーで川を下りながらごみ拾いをする「第18回古座川クリーンアップ大作戦」(南紀串本観光協会主催)が20日、古座川町の古座川であった。県内外から約120人が参加し、美しい景観を楽しみながら清掃した。

 近畿地方を中心に遠くは岐阜県から参加。2回目以上という人が半数を占めたという。コースは同町相瀬の国指定天然記念物「古座川の一枚岩」前から、同町月野瀬の南紀月の瀬温泉ぼたん荘前までの約12キロ。

 一枚岩前で開会式をし、参加者が一斉にスタート。川面には赤や黄、青、黄緑など色とりどりのカヌーが浮かんだ。この時季の古座川の風物詩となっており、写真撮影するアマチュアカメラマンの姿も見られた。

バーベキューを楽しむ参加者(20日、古座川町鶴川で)

 同町鶴川の鶴川橋近くの河原では、参加者がカヌーを降り、バーベキューを楽しんだ。サメなど魚の干物、サザエやトコブシ、おにぎりなどが用意されており、談笑しながら食べた。食後に川下りを再開し、ぼたん荘前でゴールした。ごみは空き缶やペットボトル、ビニール、発泡スチロール、布、鉄くずなどがあった。

 和歌山市の岩田美幸さん(38)は、夫(42)と長女(12)、次女(6)と参加。岩田さんは「友達に紹介してもらって初めて参加した。思ったよりごみがいっぱいあったけど、初めてのカヌーを楽しめた。ごみは捨てず、マナーを守って川遊びをしなければいけないことを、子どもたちも考えるいい機会になった」と話した。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり同実行委員会主催が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型...

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人...

チームラボ帯広 準備OK 6日開幕

 体験型のデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」は6日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕する。会場設営も完了し、5日はスタッフへの説明や関係者を対象に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク