全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

ジュンサイ摘み取り盛ん/三種町

ジュンサイの若芽を摘み取る栽培農家(三種町で)

 三種町で、生産量日本一を誇る特産・ジュンサイの収穫が行われている。栽培農家がジュンサイ沼に浮かべた小舟に乗り込み、水中に手を入れながら若芽を摘み取る光景は、この季節の風物詩だ。
 ジュンサイはスイレン科の水草。つるりとした食感が涼感を誘い、夏の味覚として親しまれている。三種産は寒天質が多く、全国でも人気が高い。
 町によると、ピークの平成3年には推計で560戸が232㌶で栽培したが、摘み手の高齢化などで栽培規模が縮小し、29年は単価助成の実績で187戸78㌶と、縮小の一途をたどっている。
 収穫は4月下旬ごろからスタート。沼に浮かべた小舟の上から若芽を手摘みする昔ながらの光景が山本地域を中心に広がり、通りがかる人々に初夏の訪れを感じさせている。
 25㌃で栽培している同町森岳の高松ユミさん(78)は、防除作業などを経て、ほぼ平年並みの4月27日から収穫を開始。一つずつ丁寧にジュンサイを摘み取っていた。
 高松さんは「今年は虫の被害はあるが、ぬるぬるはしっかりと付いていて味は上々。一番おいしいのは6月のジュンサイ。大きさも食感も良い」と笑顔で話していた。
 直売施設でもジュンサイが並び始め、季節の味として買い物客の人気を集めている。今後はイベントなども開催され、町は間もなく“ジュンサイフィーバー”の活気に包まれる。

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク