全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

ジュンサイ摘み取り盛ん/三種町

ジュンサイの若芽を摘み取る栽培農家(三種町で)

 三種町で、生産量日本一を誇る特産・ジュンサイの収穫が行われている。栽培農家がジュンサイ沼に浮かべた小舟に乗り込み、水中に手を入れながら若芽を摘み取る光景は、この季節の風物詩だ。
 ジュンサイはスイレン科の水草。つるりとした食感が涼感を誘い、夏の味覚として親しまれている。三種産は寒天質が多く、全国でも人気が高い。
 町によると、ピークの平成3年には推計で560戸が232㌶で栽培したが、摘み手の高齢化などで栽培規模が縮小し、29年は単価助成の実績で187戸78㌶と、縮小の一途をたどっている。
 収穫は4月下旬ごろからスタート。沼に浮かべた小舟の上から若芽を手摘みする昔ながらの光景が山本地域を中心に広がり、通りがかる人々に初夏の訪れを感じさせている。
 25㌃で栽培している同町森岳の高松ユミさん(78)は、防除作業などを経て、ほぼ平年並みの4月27日から収穫を開始。一つずつ丁寧にジュンサイを摘み取っていた。
 高松さんは「今年は虫の被害はあるが、ぬるぬるはしっかりと付いていて味は上々。一番おいしいのは6月のジュンサイ。大きさも食感も良い」と笑顔で話していた。
 直売施設でもジュンサイが並び始め、季節の味として買い物客の人気を集めている。今後はイベントなども開催され、町は間もなく“ジュンサイフィーバー”の活気に包まれる。

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク