全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

ジュンサイ摘み取り盛ん/三種町

ジュンサイの若芽を摘み取る栽培農家(三種町で)

 三種町で、生産量日本一を誇る特産・ジュンサイの収穫が行われている。栽培農家がジュンサイ沼に浮かべた小舟に乗り込み、水中に手を入れながら若芽を摘み取る光景は、この季節の風物詩だ。
 ジュンサイはスイレン科の水草。つるりとした食感が涼感を誘い、夏の味覚として親しまれている。三種産は寒天質が多く、全国でも人気が高い。
 町によると、ピークの平成3年には推計で560戸が232㌶で栽培したが、摘み手の高齢化などで栽培規模が縮小し、29年は単価助成の実績で187戸78㌶と、縮小の一途をたどっている。
 収穫は4月下旬ごろからスタート。沼に浮かべた小舟の上から若芽を手摘みする昔ながらの光景が山本地域を中心に広がり、通りがかる人々に初夏の訪れを感じさせている。
 25㌃で栽培している同町森岳の高松ユミさん(78)は、防除作業などを経て、ほぼ平年並みの4月27日から収穫を開始。一つずつ丁寧にジュンサイを摘み取っていた。
 高松さんは「今年は虫の被害はあるが、ぬるぬるはしっかりと付いていて味は上々。一番おいしいのは6月のジュンサイ。大きさも食感も良い」と笑顔で話していた。
 直売施設でもジュンサイが並び始め、季節の味として買い物客の人気を集めている。今後はイベントなども開催され、町は間もなく“ジュンサイフィーバー”の活気に包まれる。

関連記事

郡内各地で「十六日祭」 親族ら墓前に集い先祖供養

 後生(グソー)の正月と言われる旧暦1月16日の伝統行事「十六日祭」が20日、郡内各地の墓地で行われた。  郡内の各学校は午後から休みとなり、墓前には家族や親戚が集い、ごちそうを詰めた重箱や酒な...

長野日報社

にぎわい回復期待 アーク諏訪「ツルヤ」開店

 諏訪市のJR上諏訪駅東口開発事業で建設した商業ビル「アーク諏訪」1階に21日、核店舗で諏訪地域初進出となるスーパー「ツルヤ」(小諸市)の上諏訪店が開店した。2階にはテナントとして3店舗が同時...

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク