全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅料理や梅干しPR 静岡の催しに参加

田辺市梅振興室の永井幸彦主任(左)から、「エコパグルメスタジアム」で配る梅干しを受け取る神島高校の生徒=16日、田辺市新屋敷町で

 和歌山県田辺市文里2丁目の神島高校は19、20日、静岡県袋井市で開かれるご当地グルメの催し「エコパグルメスタジアム」(実行委員会など主催)に参加する。経営科学科の3年生が梅料理を販売し、梅干しを配布してPRする。生徒は16日、田辺市梅振興室から、来場者に配る梅干しの提供を受けた。  全国のご当地グルメが約100店舗出店する催し。神島高は2014年度、静岡県であったコンテスト「高校生F級グルメ甲子園」のF級部門で最優秀賞を受賞したのをきっかけに招待を受け、15年度に初めて催しに参加した。今回は3年ぶりに出店する。

 課題研究「商品開発」を選択している生徒8人が参加。地元のイベントでも人気が高い、紀州南高梅を使った「梅やきとり」と「梅あられ」を販売する。梅を広く知ってもらいたいと、市梅振興室の協力を得て、来場者に無料で梅干しも配る。  16日には生徒5人が市役所を訪問し、市梅振興室主任の永井幸彦さん(49)から、JA紀南が販売している個包装の梅干し「ひとつぶの幸福」を200粒受け取った。

 神島高3年生の松本美咲さん(17)は「和歌山県の梅は誇れるものなので、静岡の人にも食べてもらいたい」、永井さんは「和歌山県は梅の産地だとイベントでPRしてもらえるのはありがたい」と話した。  催しはエコパスタジアムである。時間は19日が午前10時~午後3時半、20日が午前9時半~午後3時半。無料。

関連記事

長野日報社

多彩なガレット味わう 伊那でマルシェ

 信州伊那谷ガレット協議会は14日、「ガレットマルシェ2018」を伊那市の県伊那文化会館・さわやか広場で開いた。地元産のそば粉と食材を使った多彩な「伊那谷ガレット」が集合。家族やカップルらが買...

長野日報社

諏訪の酒と信州の味覚楽しむ 上諏訪街道・秋の呑みあるき

 諏訪市の国道20号沿いにある酒蔵5蔵を巡り日本酒を楽しむイベント「上諏訪街道・秋の呑みあるき」(同実行委員会主催)が6日から始まった。安全対策などの面から春と同じ2日間開催し、各日限定2000...

長野日報社

味に期待し仕込み式 赤ワイン「宮田紫輝」

 宮田村で栽培したヤマソービニオンを使った2018年産赤ワイン「宮田紫輝」の仕込み式が5日、同村新田の本坊酒造マルス信州蒸溜所で行われた。生産者から持ち込まれたブドウを破砕機に投入し、仕込み...

紀伊民報社

キクラゲでスイーツ 復興の印商品化

 和歌山県田辺市伏菟野の団体が橋本市と連携して商品開発したパウンドケーキが、飲食店情報を集めたウェブサイト「ぐるなび」の土産品紹介企画で取り上げられる。2011年の紀伊半島大水害からの復興を目指...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク