全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅料理や梅干しPR 静岡の催しに参加

田辺市梅振興室の永井幸彦主任(左)から、「エコパグルメスタジアム」で配る梅干しを受け取る神島高校の生徒=16日、田辺市新屋敷町で

 和歌山県田辺市文里2丁目の神島高校は19、20日、静岡県袋井市で開かれるご当地グルメの催し「エコパグルメスタジアム」(実行委員会など主催)に参加する。経営科学科の3年生が梅料理を販売し、梅干しを配布してPRする。生徒は16日、田辺市梅振興室から、来場者に配る梅干しの提供を受けた。  全国のご当地グルメが約100店舗出店する催し。神島高は2014年度、静岡県であったコンテスト「高校生F級グルメ甲子園」のF級部門で最優秀賞を受賞したのをきっかけに招待を受け、15年度に初めて催しに参加した。今回は3年ぶりに出店する。

 課題研究「商品開発」を選択している生徒8人が参加。地元のイベントでも人気が高い、紀州南高梅を使った「梅やきとり」と「梅あられ」を販売する。梅を広く知ってもらいたいと、市梅振興室の協力を得て、来場者に無料で梅干しも配る。  16日には生徒5人が市役所を訪問し、市梅振興室主任の永井幸彦さん(49)から、JA紀南が販売している個包装の梅干し「ひとつぶの幸福」を200粒受け取った。

 神島高3年生の松本美咲さん(17)は「和歌山県の梅は誇れるものなので、静岡の人にも食べてもらいたい」、永井さんは「和歌山県は梅の産地だとイベントでPRしてもらえるのはありがたい」と話した。  催しはエコパスタジアムである。時間は19日が午前10時~午後3時半、20日が午前9時半~午後3時半。無料。

関連記事

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ 帯広まつもと薬局

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク