全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅料理や梅干しPR 静岡の催しに参加

田辺市梅振興室の永井幸彦主任(左)から、「エコパグルメスタジアム」で配る梅干しを受け取る神島高校の生徒=16日、田辺市新屋敷町で

 和歌山県田辺市文里2丁目の神島高校は19、20日、静岡県袋井市で開かれるご当地グルメの催し「エコパグルメスタジアム」(実行委員会など主催)に参加する。経営科学科の3年生が梅料理を販売し、梅干しを配布してPRする。生徒は16日、田辺市梅振興室から、来場者に配る梅干しの提供を受けた。  全国のご当地グルメが約100店舗出店する催し。神島高は2014年度、静岡県であったコンテスト「高校生F級グルメ甲子園」のF級部門で最優秀賞を受賞したのをきっかけに招待を受け、15年度に初めて催しに参加した。今回は3年ぶりに出店する。

 課題研究「商品開発」を選択している生徒8人が参加。地元のイベントでも人気が高い、紀州南高梅を使った「梅やきとり」と「梅あられ」を販売する。梅を広く知ってもらいたいと、市梅振興室の協力を得て、来場者に無料で梅干しも配る。  16日には生徒5人が市役所を訪問し、市梅振興室主任の永井幸彦さん(49)から、JA紀南が販売している個包装の梅干し「ひとつぶの幸福」を200粒受け取った。

 神島高3年生の松本美咲さん(17)は「和歌山県の梅は誇れるものなので、静岡の人にも食べてもらいたい」、永井さんは「和歌山県は梅の産地だとイベントでPRしてもらえるのはありがたい」と話した。  催しはエコパスタジアムである。時間は19日が午前10時~午後3時半、20日が午前9時半~午後3時半。無料。

関連記事

長野日報社

ぽかぽかハウスでイチゴ狩り 諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田のイチゴ狩り施設「諏訪湖いちご園」の今季営業が始まった。好天に恵まれた3日は地元や県外などからの客でにぎわい、暖かいビニールハウスで甘いイチゴを頬張った。  5棟のハウス内で養液...

紀伊民報社

高校生と共同開発 ご当地バーガー販売へ

 和歌山県田辺市龍神村福井にある道の駅「水の郷日高川龍游」(指定管理者・こすげパーク振興会)内にあるレストラン「つぐみ食堂」は、南部高校龍神分校生と共同で開発していた「龍神とうふバーガー」を1月...

上士幌に待望のそば店 移住の平野さん「五武庵」

 そば店が一軒もなかった上士幌町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集ま...

紀伊民報社

備長炭入り真っ黒いケーキ

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」のレストランで、備長炭の粉末を生地に練り込んだ真っ黒いバターケーキが登場した。見た目のインパクト、控えめな甘さと添えられた梅ジャムとの相性の良...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク