全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「王昭君図(おうしょうくんず)」の展示や特別御朱印の頒布も行っている。善寳寺の広報室主任を務める篠崎英治さんに寺院内を案内してもらった。

 善寳寺の起源は約1100年前に遡る。「法華験記(ほっけけんき)」によると妙達(みょうたつ)上人が比叡山、金峰山、羽黒山で修行した後、貝喰(かいばみ)の池に草庵を結んで龍華寺(りゅうげじ)とした。ある日、妙達上人が貝喰の池のほとりで法華経を唱えていた際、老人男性と若くて美しい娘が現れた。老人は、かつて釈迦の教えを受けた八大龍王第三の龍「沙か羅(しゃから)」と名乗り、三女と共に法華経の功徳を受けに来たという。妙達上人が2人の願いを受け入れ再び法華経を唱えると2人は龍の姿に変え、貝喰の池の奥底へと姿を消した。その後、池の龍神様が多くの人々の願いをかなえてくれると伝えられる。

 国内有数の龍神信仰の善寳寺には北海道、東北、北陸をはじめ航海の安全と大漁を願う漁業関係者から寄進された絵画などが数多く所蔵されている。その中でも代表的なのが菱田春草(ひしだしゅんそう)(1874―1911)作の「王昭君図」。1904(明治37)年に函館で漁業会社を営む小林栄次郎氏が寄進したもので、美女の悲しい話を絵画化した春草の不朽の名作として知られる。国の重文で現物は東京国立近代美術館に寄託されている。今回の展示はレプリカだが、名作と言われる輝きを放っている。

 本堂手前の一室には鉄製で精巧に作られた「八大龍王」を展示。その奥には「龍頭観音」の油彩画が飾られ、ひときわ目を引く。歴代住職の書も紹介されている。

 石にヘビが浮かび上がったような不思議な模様の「蛇紋石(じゃもんせき)」(8体)は寺院内に配置され8つの印を集めるスタンプラリーで拝観を楽しめるようにした。探し当てた一つずつの「蛇紋石」を手でなでて、ご加護をいただく。

 本堂で行われる特別拝観の祈祷は正午から。祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観する。531体の羅漢像の修復(現在は144体の修復終了)が進められている「五百羅漢堂」も特別に一般公開している。

 寺院内の各所を丁寧に案内してくれた篠崎さんは「12年に1度の辰歳御縁年を機会に龍神様とご縁を結ぶ特別拝観を企画した。当寺と龍神様を身近に感じていただければありがたい」と話した。

 特別拝観は春(4月15日~5月15日)と秋(10月20日から11月20日)の2回。特別御朱印の頒布日は4月が22日、5月は4日、16日、28日で、時間はそれぞれ午前9時から午後3時半まで。特別拝観と各月の特別御朱印の頒布日などに関する問い合わせは善寳寺=電0235(33)3303=へ。

祈祷の後に案内される奥の院・龍王殿

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク