全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

喜瀬「かくれ浜」浮上 好天下、観光客ら海遊び 鹿児島県奄美市笠利町

 17日、奄美市笠利町喜瀬集落の沖合に白い砂浜が浮かび上がった。奄美市の一集落1ブランドの一つ「かくれ浜」だ。観光客や地域住民などが訪れ、青空の下で海遊びを楽しんだ。

 かくれ浜は春から夏にかけて大潮などの干潮時の潮位が低い日に出現する。この日は干潮の午後2時20分ごろ、沖合約200メートル付近にぽっかりと砂浜が姿を現した。

「かくれ浜」で海遊びをする観光客や地域住民ら=17日、鹿児島県奄美市笠利町喜瀬

 友人8人で訪れた奄美市名瀬の中まき子さん(65)は「初めて訪れた。とてもきれいで感動した。来年も来たい」と笑顔で話した。

関連記事

紀伊民報社

未入力

 和歌山県田辺市の田辺観光協会は、これまでJR紀伊田辺駅(田辺市湊)隣の市観光センターでのみ実施していたレンタサイクル(貸自転車)事業を、同市湊の「街なかポケットパーク」でも始めた。観光協会は「...

新城の寒狭川広見ヤナ開き

 新城市只持で24日、アユのつかみ捕りができる観光ヤナ「寒狭川広見ヤナ」がシーズンオープンした。初日は500人以上が訪れて楽しんだ。  同ヤナは鳳来西部地区などの住民らでつくる「寒狭川鮎ヤナ組合」...

長野日報社

梶の葉に願い事 高島城で七夕イベント

 諏訪市の高島城で23日から、七夕にちなんだ催し「梶の葉さらさら」が始まった。高島藩主諏訪家の家紋「梶の葉」をかたどった5色の短冊に来館者が願い事を書き、天守閣入り口に飾られたササ竹4本に結ん...

長野日報社

「一同、礼」 塩嶺御野立公園で日本一短い祭り

 「日本一短い祭り」とされる塩嶺御野立記念祭が21日、岡谷、塩尻の両市境にある塩嶺御野立公園で開かれた。両市の関係者ら合わせて約130人が参列。明治天皇の訪問を記念した石碑前に整列して一礼し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク