全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見込み【山口】

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内外の観光客の需要を見込み、市内移動の利便性向上を図った。

 充電が満タンの状態で最大200㌔の走行が可能。自動充電機能を持ち、管理業者が定期的にバッテリーを入れ替えるため、電源切れの心配は無い。料金は15分で100円。4時間未満の最大料金は1000円。専用アプリをダウンロードして利用する。

 当面はJR山口駅、香山公園観光案内所、湯田温泉駅駐輪場、井上公園、防長苑に設置。どのポート(停車場)でも返却できるため、電動自転車の有無は専用アプリで確認できる。市は利用状況を調査しながら、電動自転車の配置を調整。昨年1月末までの利用上位のポートは湯田温泉、山口駅、山口大だった。

 現在は34ポートで電動自転車を含み計120台がある。着用が努力義務化されたヘルメットは市役所、香山公園前観光案内所、山口ふるさと伝承総合センター、山口観光案内所、湯田温泉観光案内所、新山口駅観光交流センターで貸し出している。

 事業費として今年度予算に1440万円を計上。実証期間は来年3月31日まで。利用実績は初年度は1101件、21年度は4777件、22年度は1万77件、昨年度は1万2367件と着実に伸びている。

 市交通政策課の永富美香子主事は「電車やバスと組み合わせて快適な市内移動に役立ててもらえれば」と利用を呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク