全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖サイクリングロード全線開通 20日の記念式典とイベントへ準備も 長野県

記念イベントを行うレンタサイクル事業者。「誰もが楽しめるコース」としてさらなるにぎわいを期待する=諏訪湖レンタサイクル

 全線約16キロが開通した諏訪湖サイクリングロード。週末に自転車を楽しむ家族連れの姿が目立ち始め、20日の記念式典と記念イベントに向けた準備も着々と進む。「平たんで誰もが楽しめる。1~2時間で起点まで戻れることも魅力の一つ」と湖周の貸し自転車店。地域活性化の大きな推進力に--。地元関係者の期待は高まっている。

■レンタサイクル

 長野県諏訪市内の貸し自転車店はそれぞれ、20日を中心に記念イベントを催す。片倉館駐車場の一角にある「諏訪湖レンタサイクル」。電動アシスト付きを主に40台以上を保有しており、20日は貸し出し料金を半額にする。「平たんで16キロというちょうど良さ。初心者や幅広い世代が楽しめる。こんなコースは全国的にみてもなかなかない」と担当者。子ども用を充実させたほか、2人乗りのタンデム自転車を導入。ファミリー層のほか、一度自転車から離れたシニア層にも魅力を広げたいと意気込む。

 他の事業者も特製グッズの進呈や施設入館料の割引などを実施。5月末までをイベント期間とする事業所もある。

■レイクサイドオアシス

 県と岡谷、諏訪、下諏訪の3市町がコース沿いで整備を進めているのが、自転車ラックやベンチ、案内看板などを備えた休憩施設「スワレイクサイドオアシス」だ。公衆トイレがある場所を中心に12カ所に置く計画で、整備を終えた箇所から順に開放している。

 諏訪市では、2020年度完成の石彫公園に続き、間欠泉センター前に「諏訪市湖畔公園足湯」を開設。2基のラック、3台のテーブル、ベンチを配する。案内看板には周辺施設や観光スポットの情報を得られる二次元コードを記載していて、「湖畔から足を運んでいただけたら」と市都市計画課。ロードを核に、小回りが利く自転車ならではの旅の形態も広がりそうだ。

■ノベルティ

 県や3市町、関係団体、民間事業者でつくる諏訪湖周自転車活用推進協議会は、全線開通を記念し、県PRキャラクター「アルクマ」の缶バッジを作った。ヘルメットをかぶり、自転車に乗って湖畔を走る諏訪湖サイクリングロード版で、4000個制作。20日の式典出席者やイベント来場者、3観光協会が行う諏訪湖1周「スワイチ」参加者らに配布する。

関連記事

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

北羽新報社

「ツツジの名所」見頃迎える 能代市の能代公園・きみまち阪公園

 能代市の能代公園と、同市二ツ井町のきみまち阪県立自然公園でツツジの花が見頃を迎えている。ともに今月末まで「つつじまつり」期間に設定、色とりどりの花が園内を彩り、訪れる人たちの目を楽しませ...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク