全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

浮上したサンゴ礁群に歓声/八重干瀬遊覧クルージング

 はやて(本社・伊良部、川平三秀代表)が運営する海中展望型レストラン客船「モンブラン」(総トン数650㌧、1500馬力、佐久川清修船長)は16日、八重干瀬(やびじ)遊覧クルージングを開催した。本土からの観光客ら約120人が参加。干潮で浮上したサンゴ礁群の褐色と青い海のコントラストに目を奪われ「きれい!」と感嘆の声を上げていた。

 この日は大潮に当たり干満の差が大きかった。朝から青空が広がり、絶好の遊覧クルージング日和。穏やかな海だった。

 客船はちょうど正午に平良港を出港。観光客らはカメラを持ちデッキに上がり、潮風を受けながら大型クルーズ船や島の風景など、思い思いの撮影を楽しんだ。

 出港時の直進コースは池間島西側の海域で右に折れ、そのまま八重干瀬へ進んだ。客船は同島に最も近い「キジャカ干瀬」付近で減速。観光客らは、間近で見るサンゴ礁に感動し、カメラを向けて盛んにシャッターを切っていた。「きれい、きれい」との声が上がり、興奮冷めやらぬ様子だった。

 客船が直進した左舷側に「イフ干瀬」が現れた。この干瀬の礁縁部分の海底には白い砂が数百㍍にわたって堆積する。観光客らは、美しい色合いに魅了された。

 佐久川船長は「大潮の日に雲一つない好天に恵まれ、最高の遊覧クルージングだった。観光客の満足の笑顔がうれしい」と語った。

 滋賀県から参加した松田稔理さん(23)は「とてもきれいな海に感動した」、同じく岩崎麻耶さん(21)は「めっちゃきれいな海だった」とそれぞれ感想を話した。

 松田さんと岩崎さんはいとこで、互いに家族と一緒に宮古島の旅行を心行くまで楽しんでいた。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク