全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

浮上したサンゴ礁群に歓声/八重干瀬遊覧クルージング

 はやて(本社・伊良部、川平三秀代表)が運営する海中展望型レストラン客船「モンブラン」(総トン数650㌧、1500馬力、佐久川清修船長)は16日、八重干瀬(やびじ)遊覧クルージングを開催した。本土からの観光客ら約120人が参加。干潮で浮上したサンゴ礁群の褐色と青い海のコントラストに目を奪われ「きれい!」と感嘆の声を上げていた。

 この日は大潮に当たり干満の差が大きかった。朝から青空が広がり、絶好の遊覧クルージング日和。穏やかな海だった。

 客船はちょうど正午に平良港を出港。観光客らはカメラを持ちデッキに上がり、潮風を受けながら大型クルーズ船や島の風景など、思い思いの撮影を楽しんだ。

 出港時の直進コースは池間島西側の海域で右に折れ、そのまま八重干瀬へ進んだ。客船は同島に最も近い「キジャカ干瀬」付近で減速。観光客らは、間近で見るサンゴ礁に感動し、カメラを向けて盛んにシャッターを切っていた。「きれい、きれい」との声が上がり、興奮冷めやらぬ様子だった。

 客船が直進した左舷側に「イフ干瀬」が現れた。この干瀬の礁縁部分の海底には白い砂が数百㍍にわたって堆積する。観光客らは、美しい色合いに魅了された。

 佐久川船長は「大潮の日に雲一つない好天に恵まれ、最高の遊覧クルージングだった。観光客の満足の笑顔がうれしい」と語った。

 滋賀県から参加した松田稔理さん(23)は「とてもきれいな海に感動した」、同じく岩崎麻耶さん(21)は「めっちゃきれいな海だった」とそれぞれ感想を話した。

 松田さんと岩崎さんはいとこで、互いに家族と一緒に宮古島の旅行を心行くまで楽しんでいた。

関連記事

無病息災願い獅子頭の舞い 与那国で伝統行事「シティ」

 【与那国】ドラや太鼓、笛の鳴り物を伴い獅子頭が厄払いのために島内を練り歩き、島内の魔物を島外へ追い払う伝統の行事「シティ」(節祭)が3日、行われた。  日没とともに獅子頭を先頭に、公民館役員...

双方の織りの魅力紹介 久米島と八重山の織物展

 久米島紬は1975年、八重山上布と八重山ミンサーは89年に国の伝統的工芸品に指定。いずれも琉球王朝時代の過酷な貢納布の歴史があり、現在も優れた染織技術が継承されている。  同展は久米島紬事業協...

田原で「全国丼サミット」開幕

 各地のご当地丼料理を味わえる食のイベント「全国丼サミットinたはら2018」(実行委員会主催)が10日、2日間の日程で田原市野田町の芦ヶ池農業公園「サンテパルクたはら」で開幕した。東海3県で初開催...

紀伊民報社

弁慶映画祭が開幕

 第12回「田辺・弁慶映画祭」(実行委員会主催、紀伊民報など協賛)が9日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で開幕した。11日までの3日間で計19作品を上映。新人監督対象のコンペティション部門...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク