全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

不登校の子どもがいる保護者を支援しようと、「親カフェ」を開く和歌山県上富田町の女性町議

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開く。継続して開く計画で、会は「一人で悩まないで同じ思いを持つ人がつながり、前向きになってもらえる場になれば」と話している。

 会は町議の中井照恵さん(56)、平田美穂さん(68)、家根谷美智子さん(55)の3人でつくる。それぞれに不登校の悩みを持つ保護者からの相談を受け、これまで、町議会の一般質問で不登校の問題について取り上げるなどしてきた。
 昨年12月の一般質問では、町教育委員会から町の不登校の児童生徒数(2022年度)について、千人当たりの割合が小学校17・5人、中学校53・4人と過去と比べて増えていること、不登校の児童生徒への支援、取り組みとしては町教育支援センター「ひだまり」があることなどの説明があった。
 中井さんらによると、不登校に悩む保護者からは、同じ悩みを持つ人との横のつながりがないという声を聞くこともあった。
 そのため、同じ思いを持つ人が集まり、子育てや日々の困り事を話し合うことで保護者に自己肯定感を持ってもらい、子どもを支えることにもつなげたいという思いで、今回の取り組みを始めることにした。
 学期に1回くらい開く計画。開催方法の検証もしながら、将来的な目標としてソーシャルワーカーに来てもらうことも考えているという。
 会代表の中井さんは「孤立して悩まないで、一歩外に出て一人じゃないと感じてほしい。保護者が自分らしさの中で愛情いっぱいに、子育てや子どもの後押しができるようになってもらえれば。気軽にお越しください」と話している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク