全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け合い、今年の豊漁や海上の安全を願った。

 神輿流しは約250年以上続く同地区の伝統行事。鼠ケ関川の河口で漁師の網に掛かった弁天像を村人が手厚く祭ったところ、豊漁が続いたという伝説に由来する。

 この日は「精進徒(しょうじんと)」と呼ばれる白装束に身を包んだ地元の男衆約30人が神輿を担ぎ厳島神社を出発。笛や太鼓を奏でながら半日かけて地区内を練り歩いた。通りかかる家々でお神酒が振る舞われ、祭りばやしに合わせて独特の掛け声を上げながら、鼠ケ関川を目指した。

 川岸に到着すると、男衆たちは川で互いに水を掛け合うなど、体を慣らして神輿流しの準備。午後2時過ぎに神輿を担いで川へ入り、流れる神輿に水を掛けて清め、再び上流に向かって担いで流して水を掛けることを3回繰り返した。川沿いには多くの見物客らが集まり、満開を迎えた桜の下で繰り広げられる精進徒の男意気にあふれた豪快な行事に見入っていた。

 同市の藤島地域から50年ほど前に嫁入りして、毎年祭りを見てきたという地元の女性(75)は「満開の桜の下で神輿流しを見るのは珍しい。天気も良くて、嫁に来た後のいろんなことを思い出しながら楽しんだ」と話した。

白装束姿の男衆が威勢よく水を掛けた伝統の「神輿流し」

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク