全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい」としている。

30周年記念企画をPRする鳥海統括(中央)ら

漫画家・横山さんデザインの缶コーヒーも
 同店はJA木野の子会社が運営しており、10月に節目を迎える。記念事業は年度を通して実施し、4月は全5商品を売り出す。

 目玉はトヨニシファーム(帯広市)との特別共同企画「豊西牛焼肉祭り」。トヨニシファームで真空スキンパック加工した豊西牛のカルビや内ハラミ、レバーなどを部位ごとに販売する。全6種類で、値段は全て1パック680円(税抜き)。3種類以上組み合わせて購入すると割安になる。ハピオの鳥海正行部門統括取締役は「一つのブランド牛の、部位ごとのおいしさを楽しめる。これからの焼き肉シーズンで豊西牛を味わってほしい」とPR。18日から精肉コーナーで販売する。

 4日からは北海道限定のコーヒー「ジョージア サントスプレミアム」を、ハピオオリジナルパッケージで販売している。道東産ビート糖と道産乳を使用し、十勝エリアの缶にはばんえい競馬なども描かれている。6缶パック(税抜き498円)で、パッケージは町内在住の漫画家・横山裕二さんがデザインした。

 その他、ハピオのロゴやイラストが描かれたトートバッグ3種類(うち1種類はポイント交換)や「ハピワイン」を販売。JAきたそらち産ゆめぴりかとななつぼしをオリジナルブレンドした「羽飛雄」も4月中に販売を予定している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク