全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカニック

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ばんけせんべい」が完成し、酒田米菓直営店で販売を開始した。参加学生たちは「今回の商品開発でさまざまな学びが得られた。この商品が広く知れ渡り、地域活性化につながれば」と話している。

 広崎心公益大准教授(マーケティング、商品開発など)の専門演習(ゼミ)で昨年6月、佐藤栄司社長が講話。この際に「学生と一緒に新商品を作りたい」との声掛けがあり、ゼミに所属する当時の2、3年生6人と共に開発に着手した。「さまざまな味を試した結果、実際に作ることができそうなものとしてバンケ(フキノトウ)になった」(広崎准教授)という。香料ではなく、実際に庄内地域で採れたバンケを使用、さらに「地球環境への配慮」という公益学的視点を鑑み、太陽光パネル下での稲作(ソーラーシェアリング)に取り組むメカニックが栽培した「ソーラー米(はえぬき)」を原材料として活用することにした。

 「バンケのてんぷらを塩で食べる感じ」をコンセプトに掲げ、学生たちは広崎准教授、両社の社員と共に検討・試食を重ね、特有のほろ苦い香りがほのかに漂うテイストに仕上げた。太陽光パネルの下でたわわに実る稲をモチーフに、「ばんけせんべい」の文字を強調したパッケージデザインも学生たちが手掛けた。

 広崎准教授は「学生のアイデアと、両社の特徴が盛り込まれた商品。地域産業の活性化になれば」と。佐藤優社長は「はえぬき250キロを提供した。ソーラー米がせんべいになるのは初めて。ソーラーシェアリングの取り組みが広く知れ渡るきっかけになってほしい」と話した。

 バンケ味のせんべいは酒田米菓として初の試みという。酒田、山形、仙台、秋田の各市、東京都渋谷区にある同社直営店で13日から取り扱っている。50グラム入り320円(税別)。5000袋限定。問い合わせは同社=電0234(22)9541=へ。

「ばんけせんべい」を手にする開発参加の公益大生たち

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク