全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路市】

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス」として発行された。釧路の観光振興に尽力した種市佐改さん(1923~91)が84年に刊行した一冊を土台にして3人の筆者が資料をまとめ、思いを込めて360㌻に及ぶ著書として上梓させた。

 「三恩人」とは、日本国立公園の父といわれた田村剛博士、阿寒横断道路を造った阿寒国立公園の父とされる永山在兼氏、北海道観光の育ての親であり、阿寒国立公園の候補地巡りをした近藤直人氏の3氏。

 この三恩人について調査研究を重ね、種市さんの著書にさらに資料を加えたのは、城山モシリヤ学調査会の佐藤宥紹さん(前釧路短大教授)と、弟子屈町で私設「秀和人文科学研究所」を立ち上げ、地域の歴史研究に取り組む松橋秀和さん、そして今回の著書のブックデザインを担当し、発行所となっているクスリ凸凹旅行者の塩博文さんの3人。阿寒国立公園の誕生に情熱を燃やした恩人たちの功績に光を当てる編集作業に打ち込んだ。

 同書では種市さんが書いた「阿寒国立物語」を復刻。栄光と苦難と復興の歴史をつづり、塩さんがその物語の``その後、、を執筆。佐藤さんも三恩人に比肩する〝プラスの人〟として阿寒の森を守った前田正名氏について執筆するなど、本書のページを開くたびに阿寒国立公園誕生の背景やその後の物語が見えてくる。

 松橋さんは「三恩人がそれぞれに自分の出世などを考えずに情熱を燃やし仕事を続けた。永山在兼が阿寒横断道路を考えなければ今のような観光地として発展する釧路などを考えることもできなかった」と指摘する。編集を担当した塩さんは「物語を知れば知るほど、歴史の流れを見れば見るほど人のつながりの面白さを知ることになる。この人とこの人が結び付いたことによって阿寒国立公園が誕生したことがよく分かる。ぜひ読んでほしい」と話す。

 同書は本体価格1500円。コーチャンフォー釧路店など、市内書店で取り扱っている。

復刻三恩人を編集した塩さん(左)と松橋さん

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク