全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

やわらか「セロリ」収穫始まる 原村

未明から明け方にかけて行われている露地栽培セロリの収穫=原村

 夏のセロリ生産量日本一を誇る原村で、露地栽培のセロリの収穫が本格化している。畑では未明から投光器の明かりがともり、収穫作業が行われている。明け方には、農家の人たちが箱詰めしたセロリを次々とJA信州諏訪原村野菜集荷所=同村払沢=に運び込んでいる。

 今年の露地栽培の収穫は例年並みの6月23日に開始。5月半ばに収穫が始まったハウス栽培に代わり、今後は10月まで露地栽培に主力が移る。7月上旬には1日に8000~9000箱(1箱10キロ)の出荷があるといい、ピークを迎える。今年も農協全体で例年並みの90万ケースの出荷を見込む。

 6月30日には、高橋健さん(57)浩子さん(52)夫妻=柳沢=が標高1100メートルの柳沢の畑でアルバイト3人とともに午前3時ごろから収穫作業に励んだ。今年の出来について「柔らかくてボリュームがあり、甘みがある」と笑顔を見せ「今後も適度な雨と適度な気温が続いてほしい」と願った。

関連記事

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク