全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川稲荷が「デジタル賽銭」導入へ

 豊川稲荷は9日、QRコード決済を利用したキャッシュレスの「デジタル賽銭(さいせん)」を26日から導入すると発表した。三河地区では初。若者の参拝増につなげ、将来的には海外からの観光客に来てもらうことを目指す。

 豊川市観光協会が、導入を働きかけた。お守りの購入や祈とうに、クレジットカードやQRコード決済が利用できるかという問い合わせもあり、導入を決めた。

 決済方法は、みずほ銀行が提供する「J-CoinPay(ジェイコインペイ)」。QRコードを読み込み、金額を決める。115円(いいご縁)、415円(良いご縁)をはじめ、誕生日、記念日など、自分の好きな金額にしやすい。この決済を利用したデジタル賽銭の導入は、全国で14例目、県内では名古屋市中区の万松寺に続き2例目。

デジタル賽銭のデモンストレーション=豊川稲荷で

 デモンストレーションがあり、稲荷役寮の草間寛之さん、みずほ銀行豊橋支店長の中沢拓也さん、観光協会長の笠原盛泰さんらが出席。草間さんは「境内の約20カ所で利用できるようにします。将来は祈とうやお守りの購入でもキャッシュレス決済を導入したい」と述べた。中沢さんは「より便利に楽しく、お参りができる後押しになれば」と話した。笠原さんは「東三河の他の寺社仏閣にも広げたい」と力を込めた。

 この決済は、約100万人が利用する。ペイペイなど他の決済方法は、物品購入やサービス提供が前提になっているため、賽銭での利用が難しいが、こちらは口座間の送金扱いにすることができるため、賽銭でも使える。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク