全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

パスラボ選手と交流 食の大切さ学ぶ

児童たちが伊澤選手とミニゲームに挑戦した

 本県を拠点とする男子プロバスケットボールチーム「パスラボ山形ワイヴァンズ」の選手と交流する「パスラボ山形応援給食」が29日、庄内町の立川小学校(中野智嘉校長、児童197人)で行われ、6年生31人が選手とゲームをしたり給食を食べたりして交流を深めた。

 同チームは2015年度から県教育委員会などとともに「パスラボ山形応援給食」と銘打ち、選手を県内の小・中学校などに派遣。食育に関するパンフレットの配布を行うとともに、栄養教諭や学校栄養士による食に関する指導のバックアップを行っている。

 この日は伊澤実孝選手(23)=195センチ、愛知県出身=が同校を訪問。初めに体育館で児童たちとミニゲームなどを楽しんだ。引き続き同校栄養教諭とともに「食育クイズ」。「朝ご飯をしっかり食べると勉強に集中できるし頭もさえる」「給食のお米は庄内町産はえぬき。田んぼを見たら作っている人に感謝しましょう」と呼び掛け、8問以上正解した児童には伊澤選手からメダルが贈られた。

 給食では、伊澤選手と児童たちが会話を弾ませながら県産豚の肉団子や庄内麩入りのおひたしなどを味わった。児童たちは「食で気を付けていることは」「どうやったら身長が伸びるの」「プロの選手を目指したのはいつ」などと質問、伊澤選手は「栄養バランスを考えてよく食べるようにしている」「よく食べ、牛乳を飲んでしっかり寝ることが大事」「高校の時にこの道を決めた。みんなも好きなことを見つけて打ち込んでほしい」と笑顔で答えていた。

 齋藤友河君(11)は「緊張したけど、背が大きくてバスケで有利そうだと思った。一緒にバスケができて楽しかった」と話していた。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク