全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

西郷どんも使った? 火縄銃

火縄銃を寄贈した(左から)若志ヤヨイさんと夫の茂義さん、竹田町長=2日、龍郷町

 鹿児島県龍郷町に潜居した西郷隆盛と親交のあった人物、松崎宗次郎の火縄銃が龍郷町に寄贈され、2日、同町で感謝状の贈呈式があった。火縄銃を寄贈したのは、宗次郎のやしゃごに当たる若志ヤヨイさん(74)〓奄美市住用町。関係者は「狩りが好きだった西郷さんも使ったのでは」と期待を寄せる。火縄銃は町生涯学習センターりゅうがく館で開催中の「西郷隆盛と菊次郎展」(2018年4月20日~19年2月3日)で展示している。

 宗次郎は1823年鹿児島県喜入町生まれ。24歳ごろに奄美大島へ渡り、初めは奄美市笠利町、後に龍郷町久場集落に移り住んだ。若志さんによると、イノシシ狩りの名人。狩り好きで知られ年も近かった西郷はたびたび松崎邸を訪れていたという。

 町学芸員の川元美咲さんは「西郷は鉄砲を持って奄美大島へ来ており、県本土の大久保利通へ弾を催促したことが分かる手紙も残っている」と話し、火縄銃と西郷、松崎の関係性の研究が進むことを期待した。

 感謝状の贈呈が同館であり、竹田泰典町長が「大変ありがたい。龍郷町の歴史とともに知らせていきたい」と述べた。若志さんは「長年祖父が大事にしていた品。町の方々に見ていただければ祖父も喜ぶと思う」と話した。

 展示時間は午前9時~午後5時(入室は同4時半まで)。観覧無料。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク