全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

西郷どんも使った? 火縄銃

火縄銃を寄贈した(左から)若志ヤヨイさんと夫の茂義さん、竹田町長=2日、龍郷町

 鹿児島県龍郷町に潜居した西郷隆盛と親交のあった人物、松崎宗次郎の火縄銃が龍郷町に寄贈され、2日、同町で感謝状の贈呈式があった。火縄銃を寄贈したのは、宗次郎のやしゃごに当たる若志ヤヨイさん(74)〓奄美市住用町。関係者は「狩りが好きだった西郷さんも使ったのでは」と期待を寄せる。火縄銃は町生涯学習センターりゅうがく館で開催中の「西郷隆盛と菊次郎展」(2018年4月20日~19年2月3日)で展示している。

 宗次郎は1823年鹿児島県喜入町生まれ。24歳ごろに奄美大島へ渡り、初めは奄美市笠利町、後に龍郷町久場集落に移り住んだ。若志さんによると、イノシシ狩りの名人。狩り好きで知られ年も近かった西郷はたびたび松崎邸を訪れていたという。

 町学芸員の川元美咲さんは「西郷は鉄砲を持って奄美大島へ来ており、県本土の大久保利通へ弾を催促したことが分かる手紙も残っている」と話し、火縄銃と西郷、松崎の関係性の研究が進むことを期待した。

 感謝状の贈呈が同館であり、竹田泰典町長が「大変ありがたい。龍郷町の歴史とともに知らせていきたい」と述べた。若志さんは「長年祖父が大事にしていた品。町の方々に見ていただければ祖父も喜ぶと思う」と話した。

 展示時間は午前9時~午後5時(入室は同4時半まで)。観覧無料。

関連記事

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。  帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク