全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

小野校区に初めての野外彫刻

西澤さん(右)が見守る中、進む作品の設置作業(アクトビレッジおので)

 アクトビレッジおのに29日、第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)で山口銀行賞に輝いた西澤利高さん(52)=神奈川県相模原市=の「UNTITLED(無題)」が、常盤公園から移設された。小野校区で初めてとなる野外彫刻で、宇部市に寄贈された同展入選作品を、校区の要望に応えて設置する第1号にもなった。

 設置場所は、敷地南側の小高い芝生広場。西澤さんは「周囲の風景や景色の方が主役と考えており、ここは作品が生きるぴったりの場所。風の流れや恐竜の骨に見えると言われたこともあり、自由な発想で感じ取ってもらえれば」と、PRした。

 アートによるまちづくりを進めている市では、前回展の五つの入選作品の寄贈を機に、2月から設置を希望する校区を公募。彫刻展示委員会が申し込みのあった地域と協議しながら、作品と景観のバランスが取れた設置場所を順次決定している。8月には、厚南中に浅野芳彦さんの「いしずえ」、藤山の岩鼻公園に津村拓さんの「orange」の設置を予定する。

関連記事

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

冬、顔出す ニペソツ山初冠雪 上士幌

 17日の十勝管内は平年並みの寒気が北西方面から入ってきた影響で、冷え込んだ。帯広測候所によると、最低気温は上士幌町糠平で氷点下0.4度を記録。東大雪の山には積雪が見られ、冬の到来を感じさせた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク