全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

直虎ゆかりの地巡りながら

城の名前の由来などについて説明する小笠原さん(左)=長沢町の登屋ヶ根城跡付近で

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は29日、観光ボランティアガイド育成事業として、セミナー「女城主直虎ゆかりの人々の地巡り」を長沢町町で実施し、将来的にボランティアガイドとしての活動も視野に入れる市民ら39人が参加した。  とよかわ東海道観光ボランティアガイドで、御油町在住の小笠原昭二さん(75)が案内。町内にある史跡など5カ所を約1時間半かけて巡り、歴史を触れた。  特に、跡地がある登屋ヶ根城は別名「関口城」とも呼ばれ、放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の親族にあたり、徳川家康の妻・瀬名姫の父の関口義広と関連があるとされる。  すぐ近くの関口家の墓五輪塔も案内した小笠原さんは、独自に複数の史料を参考に行っている成果を基に「登屋ヶ根城は、本来なら『番場城』と呼ばれるのではいか」と諸説も紹介した。  普段は国の天然記念物「御油の松並木」や旧東海道の御油宿でボランティアガイドを務める小笠原さんは、説明する際の話し方や歩く速度なども参考にしてもらおうと意識し、参加者からの質問にも丁寧に対応。「意外と知られていない歴史を一人でも多くの人に知ってほしい」と話した。  長沢町内から参加した70代の女性は「大河ドラマは毎週見ているけど、地元にゆかりのある場所があるなんてびっくりした」と話していた。

関連記事

奥三河の道の駅めぐる「キャノンボール」

道交法守り設定時間に近づけるバイクイベント  新城市と北設楽郡3町村、豊田市内の奥三河にある7つの道の駅を回るバイクのツーリングイベント「オン・タイム・キャノンボール」が21日、新城市八束穂の道の...

紀伊民報社

紀南の景色や食満喫 サロンカーの旅に80人

 JR紀勢線の和歌山駅―新宮駅間で13、14日、サロンカー「なにわ」で行く「紀伊半島途中下車の旅と本州最南端への旅」があった。京阪神を中心に約80人が乗車し、各駅でご当地キャラクターや平安衣装での...

長野日報社

多彩なガレット味わう 伊那でマルシェ

 信州伊那谷ガレット協議会は14日、「ガレットマルシェ2018」を伊那市の県伊那文化会館・さわやか広場で開いた。地元産のそば粉と食材を使った多彩な「伊那谷ガレット」が集合。家族やカップルらが買...

蒲郡の女将たち「いちじくのコンフィチュール」開発

 がまごおり温泉郷の宿泊施設女将(おかみ)たちでつくる「こはぜの会」(渡邉栄子会長)は、蒲郡市内で栽培されたイチジクを使ったジャム「いちじくのコンフィチュール」を開発した。「味わって美容と健康に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク