全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

宿泊先で手軽に寄付 「現地決済型」ふるさと納税導入へ 長野県諏訪市

6月からの導入を予定する現地決済型ふるさと納税をPRする諏訪市職員

長野県諏訪市は1日、旅先での現地決済型ふるさと納税を始めると発表した。宿泊先に選んだ市内の旅館・ホテルで寄付をし、返礼品として即時発行される電子クーポンが精算時に使える仕組み。商社の丸紅が運営する旅行に特化したふるさと納税サイト「ふるさtoらべる」を利用し、6月からの開始を目指す。県内自治体では初導入になるという。

宿泊施設の客室やロビーに案内を置き、QRコードをスマートフォンで読み取ると手続きに入れる。会員登録やアプリの入手が不要な上、入力項目が少なく、3分ほどで寄付の手続きを完了できる手軽さが売り。1万円から寄付ができ、寄付額に応じて宿泊費の割引に使える電子クーポンが同時に発行される。

決済方法はクレジットカードのみとなり、事前決済での宿泊は適用外となる。市外在住者が対象となるため、市はホームページや無料通信アプリ「LINE」などでPRしていく考えだ。

諏訪湖温泉旅館組合と話し合って導入を決め、今後、組合加盟施設を対象にした勉強会が開かれる。導入のために新たに必要となる機器などはなく、施設には案内の設置委託料が入る利点もあり、多くの参加を見込んでいる。

諏訪市の2023年度ふるさと納税累計額は約2億5000万円。今年度は3億円以上を目標にする。地域戦略・男女共同参画課は「手続きが簡単で、ふるさと納税未経験者の利用も期待したい。繰り返し観光などで訪れてくれるリピーターの獲得にもつなげていけたら」としている。

関連記事

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

長野日報社

山岳観光シーズン到来 中央アルプス千畳敷で開山式

中央アルプスに山岳観光のシーズン到来を告げる開山式(駒ケ根観光協会主催)が19日、中ア千畳敷(標高2612メートル)の駒ケ岳神社前であった。青空の下で神事を行い、関係者ら約70人が参加。登山シ...

長野日報社

メルヘン街道、冬期通行止め解除 長野県

 長野県茅野市、佐久穂町境の国道299号(メルヘン街道)麦草峠(標高2127メートル)の冬期通行止め区間(138キロ)が18日、規制解除となり、小海町を含めた沿線3市町の関係者ら約150人が集まって...

長野日報社

諏訪湖サイクリングロード全線開通 20日の記念式典とイベントへ準備も 長..

 全線約16キロが開通した諏訪湖サイクリングロード。週末に自転車を楽しむ家族連れの姿が目立ち始め、20日の記念式典と記念イベントに向けた準備も着々と進む。「平たんで誰もが楽しめる。1~2時間で起点...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク